旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



窯焼きピッツァを求めて金沢香林坊【サリーナ】へ

この一ヶ月ほど無性に窯焼きピッツァが食べたくて、自宅ホワイトボードのやりたいこと欄に人気店である「サリーナ」と書き込んで眺める日々。その願いをかなえるべく、先日金沢市のサリーナへ行ったのだった。

2018年6月に金沢市郊外から香林坊に移転して、移転後の訪問は初。土曜お昼の席を予約しようと電話したら、予約は夜しか受け付けていなかった。お店の人いわく「11:30の開店直後ならまず入れます、だいたい13時頃から混みあいます」とのことだったので、その言葉を信じて11:35に乗り込んだ。先客は2組ほど。場所は東急スクエアの裏、急坂を横に入ったところ。

ピッツァはSとMの2サイズ。我々(大人4名)はMを1枚、Sを2枚、サラダとドリンクを注文してちょうどいい量だった。移転前はパスタがあったけれど現在はパスタなし。とにかくピッツァをいろいろシェアしたい私には嬉しいよ。

f:id:lovestamp:20181216100020j:plain

「チチェニエリ」トマト+しらす(チーズなし)。しらすの塩気が美味。

 

f:id:lovestamp:20181216100017j:plain

「プルチネッラ」水牛リコッタ+モッツァレラ+ミニトマト+自家製ソーセージ。チーズのさわやかさに粗挽き肉の旨味がはじけてたまらん。

 

f:id:lovestamp:20181216100014j:plain

どの店でもとりあえず頼んでしまう、チーズ4種の「クワトロフォルマッジ」。はちみつが一緒に出てくる店も多いけど、サリーナでははちみつは別料金。今回ははちみつナシで、チーズと生地のみで堪能。乳脂肪ばんざい……!

12時を回った頃、気づけば店内は満席に。やはり人気店なんだなあ。ピッツァは生地の耳が香ばしくてもちもち。具は見た目の印象より味がさっぱりしていてぺろりと食べられる。食べたあとにずっしりくる感じは全然なくて、もう少し食べたいなといういい余韻を残しつつ満足できるというか。家で食パンで作るピザトーストも好きだし、トースターで焼くチルドのピザもおいしいけど、なんといっても窯の火で焼くのは別格だよね(そりゃそうか)。帰宅して、ホワイトボードの「サリーナ」の文字は消したけれども、またときどきは食べに行きたいわ。

f:id:lovestamp:20181216103837j:plain

【ピッツェリア サリーナ】金沢市香林坊2-12-39