旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




私がこの世で最高においしいと思っているようかん、静岡の「追分羊かん」

f:id:lovestamp:20181006182912j:plain

あらゆるようかんの中で、私がこの世でいちばんおいしいんじゃないかと思っているのがこちら、追分(おいわけ)羊かん。静岡市清水区の銘菓で、店は江戸時代から続く老舗。特徴はなんといってもその食感で、非常にむっちりもちもちしているのに(そのむっちりさたるや唯一無二)舌の上であんこがさらっと溶けていく。甘みも口当たりもしつこくなくて、ベタベタしてなくて、ひとりで一本ペロッといけそうだ。

f:id:lovestamp:20181006182918j:plain

追分羊かんは作り方に特色があって、あんを竹の皮で包んで蒸している。できあがった羊かんには竹の香りが移っていて、あの香りの良さは何と言ったらいいんだろう、落ち着くというか懐かしいというか、香ばしさと爽やかさのちょうど中間っていうか。とにかく追分羊かんラブ。他の追随を許さない独特さとおいしさがあるよ。

ちなみに、清水出身のさくらももこ氏も追分羊かんの大ファンだったそう。羊かんをのせたお皿はちびまる子ちゃんではなくムーミンだけどね(このムーミンのお皿とトレーは雑誌クックパッドプラスの付録。付録ほしさに即購入)。

今週のお題「最近おいしかったもの」