旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




2018年台湾その9 鼎元豆漿で朝食を。そして今回3度めの衛兵交代式

台湾最終日は絶対に行きたかった朝ごはんの名店へ。前回の記事はこちら

前回の台湾旅行ではチャンスがなく、帰国してから友人に「あれ食べた?」と聞かれて「あああ食べそこねたぁぁ!」と後悔した台湾グルメが、豆漿(トウジャン)。砂糖入りの甘いタイプ=甜豆漿(ティエントウジャン)と、塩入りのしょっぱいタイプ=鹹豆漿(シェントウジャン)があり、老舗の専門店や有名店が多いとのこと。当地では、揚げパンやクレープのようなパン、小籠包などと組み合わせて朝ごはんによく食べられている。

f:id:lovestamp:20180610201849j:plain

午前9時過ぎ、人気店としてよく名前が挙がる「鼎元豆漿」に到着。店の外にまで行列が伸びていたけれど、割とすんなり進んだ。メニューの一覧表が置いてあるので、ほしいものに自分で数を書き、レジで渡して会計するスタイル。日本語表記はないので、揚げパン=油條とか、薄皮のクレープ=蛋餅とか、食べたいものの表記を事前に確かめておくとスムーズかと。

f:id:lovestamp:20180610202626j:plain

私たちはしょっぱいタイプの鹹豆漿を1つ(2人でシェアしてちょうどいい量だった)、揚げパン、キャベツ入りの焼きまんじゅう、小籠包を注文。これがもうたまらん美味しさで、日本でも時々は食べたいなあと思うお気に入りの味だった。

f:id:lovestamp:20180610202059j:plain

鹹豆漿は、豆乳にお酢が入っているためゆる~く固まっていて、そこに干しエビやネギも入っている。自分の好みで醤油やラー油を加えて味を調整する。ものすごく柔らかいとろとろの湯豆腐のような感じか。香りがよくて、豆の甘みと塩気がマッチして、なんともくせになる好みの味だった。これにスティック状の揚げパンを浸しながら食べるがスタンダードなようだが、揚げパンは当然ながら油っこいので口とお腹がやや疲れる。比較的あっさりしている(ように見える)クレープの方にすればよかったかも。

f:id:lovestamp:20180610202610j:plain

朝から小籠包も。スープたっぷりで非常に美味しい。鼎泰豊も夜市も、どの店のものもそれぞれに美味しくて順位をつけられないよ、小籠包。大好きさ。

非常に満足の朝ごはんを終えて、そういえばここから歩いてすぐの場所に蒋介石をまつった中正紀念堂があるね、ここは衛兵交代式があるよね、ということで見に行った。台北の三か所で行われているという交代式、はじめの一つを忠烈祠で見て思いがけず心を奪われてから、結果的に三つ全部を見ることになろうとは。自分の中の、制服好き・軍隊好き・青年たちの群像劇好きという三本の矢(?)が、全部まとめて私のハートを射ぬいた!という感じである。 

f:id:lovestamp:20180610203700j:plain

館に入り、エレベーターで蒋介石像のあるフロアへ上がる。交代が始まる直前なのでロープの周りは人だかりで前が見えないほどであった。頭と頭の間から、白服の海軍3名による交代式を見る。

f:id:lovestamp:20180610204325j:plain

交代を終えた3名は、振り上げた腕を水平に止めてはまた下げるという独特の動きをしながら、私たちがさっきやってきたエレベーターホールの方に進んでいった。そっちはエレベーターしかないのにどこに行くのかなと見守っていたら、まさかの!3名はエレベーター前までよどみなく行進を続け、すっと開いた扉からエレベーターに乗り込み、そのまま扉が閉まって交代式が終了、なのであった。なんていうか、現代的、と思ったわ。

さあ、飛行機の時刻が近づいており、台湾旅行はいよいよ終盤。最後の最後に私たちが向かったのは郵便局でありました。つづく。

tokotoko.hatenablog.jp