旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



2018年台湾その4 忠烈祠の衛兵交代と50嵐のタピオカミルクティー

台湾旅、二日目の午後は忠烈祠へ行く。前回の記事はこちら▼

tokotoko.hatenablog.jp

f:id:lovestamp:20180606110109j:plain

バスに乗って市街地から郊外ヘ。忠烈祠に着いたのが13:50頃、14時から衛兵交代式があるはずなのに人影がまばらで、もしかして今日は交代がないのではと不安になった。数年前にバッキンガム宮殿で衛兵交代式を見損ねた思い出がよみがえる……(ロンドン08 バッキンガム宮殿、交替未遂と馬の落とし物 - 旅と日常のあいだ

心配をよそにそのうち見物客が集まってきた。門の兵士2名、廟の兵士2名が、WORLD ORDERっぽい動きで行進してきた4名と入れ替わる。にこりともせず、ふらつくこともなく、完璧に足並みの揃った交代劇であった。

f:id:lovestamp:20180606110337j:plain

14時に交代式が始まり、一通り終わったのが14:25。飽きることなく見とれつつ、また35分後にこれをやるのか、これまでもこの先も何十年もやるのかと思うと、気が遠くなるというかなんというか。石の地面には行進の道すじに沿って茶色い線ができており、これは何百回何千回と同じ場所を歩き続けたことによる靴の跡なのだった。

衛兵の交代式、実はさほど興味がなかったのだけど、観光の目玉みたいなところだから一度は見ておこうというゆるい動機であった。が、一糸乱れぬキレキレの集団行動はやはり美しくて、結局このあと、台北の3か所で行われているという衛兵交代の残る2つも見に行くことになるのだった。大好きになってるじゃん!

再びバスに乗り、最近おしゃれなカフェやらショップやらが登場して面白くなっているという富錦街へ。街路樹がいっぱいの広い通りにブランドの路面店やオープンテラスのカフェが並んでおり、確かに、これまでに見ていたのとは違う雰囲気の街だった。

f:id:lovestamp:20180606111427j:plain

f:id:lovestamp:20180606111455j:plain

ここでは、自分用のお土産を求めて、メイドイン台湾のいいモノがそろうと聞いていた雑貨店「放放堂」へ。しかしこの時期は「日本のいいモノ展」が開かれていて、山形や富山の作家作品がずらりと並んでいた。これじゃない! 竹かごとか、真鍮の道具とか、確かに素敵だけど今ここでメイドイン山形の品は買わないよ! 切ない思いで店をあとにする。

喉が乾いたので、おしゃれなオープンテラスでコーヒー、ではなく、台北にたくさんあるドリンクチェーン店「50嵐」にてタピオカミルクティーを買って、近くの公園で飲む。タピオカの大きいこと、弾力(未曾有のモチモチ感)、多さに大満足。

f:id:lovestamp:20180606111935j:plain

店頭で、甘さや氷の量を選べる。私は「氷少なめ、甘さ9割」で注文。ちなみに店名の「50嵐」であるが、私たちのあいだではこのあとずっと「いがらし」と呼ばれていた。

しばしぶらぶらしたあと、夜ごはんを食べに寧夏夜市へ。(続く)