旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



まだ冷える5月、冬布団の衣替え未遂

4月末まで、本気の羽毛布団+ぬくぬくのシーツと布団カバー+ふかふか毛布という真冬バージョンで過ごしてきた。が、さすがに暑くなってきたので、連休のうちに丸ごと干して、シーツ類も全部はずして、布団もカバーもさらりと軽い初夏仕様に選手交代だ! …と思っていたのだが、胃腸炎で寝込んだために、布団を干すどころかずっと布団にくるまって過ごす羽目になった。

連休後半、体力も天気も回復したので布団を干す。これまで使っていた冬用の布団はもちろん、春夏用の布団も風に当てる。そして冬用の布団カバーをはずしたのはいいが、春夏用のカバーが見当たらない。枕カバーもシーツも見つからない。昨シーズン使っていた一式はどこへいったのかと記憶をたどった結果、そういえば去年、「来シーズンになったら布団カバーを新調しよう」と考えて全部捨てたことを思い出した。捨てるだけ捨てて、新しいのをまだ買っていない。しまった。

新しいカバーを買うまでは、春夏用の布団に冬用のカバーを掛けて使うか? それもなんだかなあ。取り急ぎ、新しいカバーセットをポチッと購入。手元に届くまでは、これまでどおり冬の布団に冬のカバーでやり過ごすことにする。

とかなんとかやっていたら、5月上旬にしてはめずらしい寒さに見舞われているここ数日。日中、長袖のヒートテックとセーターまで着ちゃってるよ。冬の格好だよ。寝るときだって当然寒くて、羽毛布団を顔まで引き上げたいくらい。薄い掛け布団ではたぶん耐えきれぬ。結果的には、布団を変えずに冬仕様のままにしておいたのが役に立ったといえる。これも、去年の私が気を利かせて春夏用のカバーを用意しておかなかったおかげだな!(ポジティブ)

 

今週のお題ゴールデンウィーク2018」