旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ハーブスのケーキで朝食を。鍋の取っ手には注意せよ

f:id:lovestamp:20180518100312j:plain

ハーブスの、シトロンケーキ。ふわふわしっとりのスポンジ、中にはさんであるのは生クリームとカスタードクリーム、そしてサイコロ型のレモンゼリー。口の中で、クリームの濃厚さの間に爽やかなすっぱさとプルプル感が見え隠れする。たまらんバランスだ。

おみやげにいただいたものを、朝ごはんのデザートとして食べている。月曜の朝、梅雨の晴れ間、レモンの香り。ああ、朝ハーブス! 私はいま最高に贅沢な気分である。

先ほど鍋の取っ手に触れて右手を火傷したが、その痛みもひととき和らぐような心持ち。実際、痛む患部にハーブスの保冷剤を当てながらケーキを食べたからな。不幸のなかの小さな幸せって感じか。いや、でも冷静に考えて、火傷は痛いわ。

冷蔵庫にはもうひとつラムレーズンのケーキも控えており、この断面がもう、一目でときめく美しさ。熱くて濃いコーヒーをいれて味わいたい。お湯を沸かす際の火傷には厳重注意。

保冷剤もレモン色!

f:id:lovestamp:20180518100359j:plain