旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



さくら味ってつまり何の味なんだろうね、スタバのさくらラテ2017

毎年2~3月のスタバといえば、さくら色の新商品が一気に登場する季節。さくら味のフラペチーノやラテが花盛りである。紙のカップもさくら仕様になって華やかだし、さくらを描いたカードやタンブラーは争奪戦になってあっという間に売り切れちゃうものもある。今年はまだ一度もさくらナントカを飲んでないなと思っていたら、ちょうど同じころに3人から同じような意見を聞いた。

友人Sちゃん 「桜味には惹かれない。結局あれって香料だよね?」

友人W 「桜味は好きじゃない。梅のほうがいい。梅は、むしろ大好き」

妹 「桜味って、みんなおいしいと思って飲んでるの? なんであんなに人気なの?

さくらシリーズ、というか桜味、私のまわりでは圧倒的低評価。そういうもの? かくいう私は、桜味には好印象。桜もちを包む桜葉の塩漬けは喜んで食べるタイプだ。さくらドリンクだって、シーズン中に一度は飲んでおきたい。ということでスタバへ行った。「さくらブロッサムクリームラテ」を注文。

説明書きによると「さくらミルクソースとスチームミルクを混ぜ合わせ、メープルホイップクリーム、さくらシェイブチョコレートと華やかなピンク色のあられをトッピング」ということである。

ラテを作りながら店員さんが「今年はさくらだけの味なんですよ」と言った。内心で「えっ、ミルクとかメープルって書いてあるのはどこいったの」と思ったが、続けて「去年はストロベリーが混ざってたんですが、今年は違います」と言われ、ああそういえばそうだった、去年はいちご味が強くてさくら味が消えちゃってた気がするなと思いだした。

f:id:lovestamp:20180520190118j:plain

さくらブロッサムクリームラテ+ホイップクリーム多め

≪ 感 想 ≫

全体的に、さくらの香りはほんのり。(それでよい)
あられのカリカリがよい。(これは実によい)
メープルクリームはコクがあっておいしい。(いいね!)
しかしチョコレートの甘さで、ほんのり香っていたさくらの存在感が消える。(あーあ)
全体的に、なにしろ甘い。(いつものこと)
飲みきるころには、さくらだったのかどうなのかわからなくなる。

→ 総合評価 = けっこう好き。(ただし、さくらだから、っていうわけじゃない)

さくら味が苦手な人にも、「そんなにさくらの味はしないから飲めるよ」と言いたいような、だったらそもそも「さくらラテ」を選ぶ理由はないような。ごちゃごちゃ書いたが私は好きだよ、さくらブロッサムクリームラテ。レジで「ブロッサム」とか言うのは気恥ずかしくて、「さくらのラテ」って言ったけどね。

さて、3/15からの新作予告はマンゴーだ。マンゴーには、これはもう絶対的に興味がないので、その次の新作に期待している。