旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



9月半ばまでの限定、チェリーのチーズスフレ

次にハーブスに行ったら絶対これにする!と決めていたケーキが、「チェリーのチーズスフレ」。

私のこのブログ、8月に入ってから「ハーブス チェリー」とか「チェリー チーズスフレ ハーブス」とかによる検索が急増。7月はほとんどなかった。そうか、ハーブスでチェリーのチーズスフレが出る時期なのか。前に、(さほど期待しないで)食べたときに実はとても好きだったことを思い出した(夏のハーブス、グレープフルーツとチェリーチーズ)。チェリーのチーズスフレ気分が高まっていたところに機会が訪れたので注文。

ショーケースやメニューを見るまでもなく即決、「チェリーのチーズスフレ」。

f:id:lovestamp:20180518093806j:plain

チーズスフレはちょっと意外なほど塩気があって、そこだけだと甘みは少ない。しっかりと「チーズ」である。チーズ味の、しっとりした生地。フワフワではなく、しっとりシュワシュワ。下に並んださくらんぼとダークチェリーには甘みと洋酒の香りがぎゅっと閉じ込められていて、一粒、いや、半粒で、うっとりとした贅沢な気持ちになるのであった。生クリームの美味しさは言うまでもなし。必要にして十分、って感じの見た目と素材と味だよね。一口食べた友人も、「何この美味しさ、何このチーズ、何このスフレ!!」と興奮していた。いやあ私もびっくりよ。この美味しさを2年間忘れていたことに。

例年どおりであれば、2016年チェリーのチーズスフレは9月中旬まで(のはず)。そのタイミングでケーキの種類が一気に入れ替わり、いよいよマロンシーズンの到来なのであった。ああマロン、大好きだよ待ちきれない。その前にもう一回食べるチャンスはなさそうだが、チェリーのチーズスフレ、君のことは忘れない。来年の夏にまた会おう。