旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




値段とうまさは比例するか?プレミアムうまい棒の頂上決戦

実施したのはもう半年前のことだけれど、「うまい棒食べ比べランキング・プレミアム編」の結果を記録しておく。(部屋を片付けていて記録ノートを発見したため)プレミアムうまい棒は1本20円。通常の2倍もする超高額な贅沢棒である。パッケージもキラキラ。ま、まぶしい。

f:id:lovestamp:20180531084843j:plain

会場は、長崎県は雲仙にある温泉旅館の一室であります。ご当地のお酒とともに。

審査員は3名、対象アイテムはプレミアムうまい棒3種と、ネーミングセンスに脱力の「うまい玉」。うまい、玉……。

 

★1位 モッツァレラ&カマンベール

4点+4点+4点=12点

・品のある味わい

・芳醇な香り

 

★2位 わさびソースの和風ステーキ

3点+3点+1点=7点

・辛っ!痛みをともなう

・辛さで唇がヒリヒリする

・この辛さ、わさびではなくからしのような辛さだな

・肉を感じる要素がない。パッケージのステーキ画像は誇大

・黒色は最高級品にこそ使うべきなのにこれはイマイチ

 

★3位 明太子味

1点+2点+1点=4点

・ただただなまぐさい

・夏の漁港のにおい

 

*うまい玉 カルシューチョコ味

2点+3点+4点=9点

・不安のない美味しさ。パッケージの印象と想像どおりの味

というわけで、プレミアムの名を冠してはいるものの通常品と比べて劇的な味の違いがあるわけでもなく、むしろ期待させた分だけ審査の目も厳しくなって全体的に酷評気味。発見としては、モッツァレラ&カマンベールと明太子を一緒に食べると、なんと言おうか、雑多でよくあるいわゆる「うまい棒あじ」になることが判明した。

 

f:id:lovestamp:20180531084957j:plain

うまい棒選手権では、いつも専用カッターでタテに分割して食べているよ

 

tokotoko.hatenablog.jp