旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



春のハーブスで念願のストロベリーケーキを2種

「ハーブスのランチサービスにおいて、セットで付いてくるハーフサイズのケーキにシーズン限定ケーキが登場することはほとんどないようだ」と、先日のブログ(ホワイトチョコレートケーキを食べ、さくらケーキを想う)に書いた。

現在ハーブスではいちごシーズン真っ盛り。でもきっとランチにいちごケーキは出てこないよ、通年メニューのバナナとかミルクレープとかチョコレートだと思うよと言いながら、またハーブスに行った。前回から2週間しかあいていない。ランチを注文、さあどうだ、何のケーキが出てくるのかっ!? ウェイトレスさんが告げるケーキの名前に耳をそばだてまくる。

「本日のケーキは次の3つからお選びいただけます。ストロベリーチーズケーキと、ストロベリータルトと、チョコレートケーキです」

んまああああ、なんてこと!ストロベリーチーズとストロベリータルト! シーズン限定のストロベリーものが2つもエントリーしているではないか。やりおるな、ルミネ横浜店。褒めてつかわすぞ。

予期せぬ展開に目を見開きつつ、そういえば別に私はいちごが好きでもないっていう大前提すら忘れてすかさずストロベリータルトを注文した。一緒に行った人が、一瞬チョコレートケーキと迷う素振りを見せたので私はそれにもびっくりした。いやいやいや、さっきから私が、季節限定のケーキがランチの選択肢に出てくるのがどんくらい貴重で素敵なことかって話してたの、聞こえてたよね? チョコレートケーキは今じゃなくても食べられるっつってんの! というわけで、ストロベリーチーズを選ぶよう、静かにしかし確実に強要してしまった気がする。チョコレートが好きっていうその気持ちを大事にしてあげられずすまない。だが反省はしていないよ。だってストロベリーチーズ美味しかったでしょう? それにチョコレートケーキは別に今じゃなくても食べられ(以下略)。

 というわけでそのストロベリーケーキたち。

f:id:lovestamp:20180518093538j:plain

ストロベリーチーズケーキ。二層のムースがしゅわしゅわ。正直、チーズをあまり感じなかった。どちらかというとヨーグルトっぽいというか。しかしこの空気をたっぷり含んだ食感の素敵さといったら。

f:id:lovestamp:20180518093559j:plain

ストロベリータルト。はっきり言って生クリームが目当てです。いちごよりカスタードクリームより。スポンジ生地はもう少ししっとりしているのが好みだけれども、疑いようのない王道の組み合わせ。

はー、どちらも美味しかった。が、しばらくシーズン限定に目がくらんでいたので、ここらで定番ケーキも食べたくなってきた。次は定番にして隠れたエースであるマロンタルトだな。そしてチョコレートケーキも。要するに、割といつでもどれでも食べたい。新しくなった大名古屋ビルヂング店にも行きたい。