旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




スタバのさくらラテ2016

春である。毎年この時期に飛びついていたスタバのさくらドリンク、発売から遅れること半月でようやく飲んだ。今年のさくらシリーズは桜の味が薄い、ほとんどいちご、なんてレビューも多いようだが、まあ飲んでみないことにはわからんね。フラペチーノに興味はあれど、寒いからラテ。

さくら ブロッサム & ストロベリー ラテ
+チョコレートソース追加
(ついでに「さくらシフォンケーキ」も)

f:id:lovestamp:20180519232020j:plain

特製のストロベリークリームだからという理由で、今回もまたエクストラホイップの対象外。なんともつらい。全国の乳脂肪ラバーたちの怨嗟の声が聞こえるようだ。

上にのったチョコレートは塩気が聞いていて、おっ、桜!(の葉の塩漬け!)と思ったのだが、ドリンク部分はそうね、桜だと思わせる要素はあまりなかったわね。いちごであった。「さくら」と銘打つからにはいちごなんか入れないで、もうガツーンと桜いっちょうで勝負すりゃあいいのに。それか、あずきを加えて「さくらもちラテ」なんてどうだろうか。あんこ>さくら になっちゃって、結局同じことかな?

レジではちょっとびっくりすることがあった。支払いにはいつもスタバカードを使うのだが、残額が少ないはずだからチャージしようと3千円を入金したところ、レシートに表示された残額が1万5千円だった。いちまんごせんえん! なに、1万2千円も入ってたの? それを忘れて3千円も追加したの? 我が記憶力のあやふやさ、管理能力のなさ、スタバへの貢ぎ加減に驚いた次第。ふわふわしてしまうんだよね、春だから。