旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



冬のスタバのチョコレートドリンク2種

去年までフラペチーノとホイップクリームにまみれた記事ばかりアップしていたのに、今年は一度もスタバのことを書いていない。書いていないだけで、スタバには行っている。相変わらずホイップにまみれておる。が、ちょっと飽きてきたのも事実(!)。2015年末から2016年2月上旬にかけての限定フラペチーノのことを、のちの記録のために書いておきます。

f:id:lovestamp:20180519231739j:plain

チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ
+エクストラホイップ
エスプレッソショット
+チョコレートチップ

何はなくともエクストラホイップである。だいたい見たままの味。美味しいけれども、全体的にカカオニブ(カカオ豆を細かく砕いたような粒つぶのアレ)が混ざっていて、これが舌に残る感じがやや苦手であった。実はカカオニブの苦みもやや苦手。そして、わかってはいるがヴェンティサイズ(590ml)は多い。このときは無料チケットがあったので、モリモリに盛りつけてみたのでした。あ、チョコレートソースも追加すればよかったな。

f:id:lovestamp:20180519231809j:plain

ホワイト チョコラティ クランブル ココ
+エクストラホイップ
+シナモンパウダー(自分でかけた)
+はちみつ(自分でかけた)

「自分でかけた」って、持参したという意味ではなくて、レジの近くにある自由に使っていいよのコーナーでトッピングしたという意味である。これはホットのラテ。これまた大量ゆえ、飲んでいるうちに冷めていくのがかなしい。スタバにて、保温性のあるカップで注文するという発想がないもので(重くてかさばるからそんなの持ち歩きたくない)。それにしてもホワイトチョコとクリームの組み合わせは最高だ。その部分だけを食べていたい、と思った。ラテいらんから。公式サイトの商品説明には「まるでケーキを食べているかのような」とあり、そうなのよ、それなら最初からケーキを食べればいいのだった

そんなわけで、いや両方とも美味しかったし実は何度かリピートもしたし、しかし驚きや感動はなかったなあ、最近スタバのクリームにも以前ほどときめかないし何でなんだろう?とか言っているうちに2月も半ば、気の早いスタバが毎年恒例の「さくらシリーズ」を仕掛けてくる時期である。2016年のさくらシリーズは「さくら ブロッサム & ストロベリー フラペチーノ」「さくら ブロッサム & ストロベリー ラテ」。クリームがいちご風味とな。まあまた一度は食べてしまうんでしょうが。