旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



沼津「たかだ屋」の名物玉子焼き

友人に会いに、沼津に遊びに行ったときのこと。沼津港近くの食堂で海鮮ごはんを食べようと散策中、とある路地に気になる看板を見つけた。

f:id:lovestamp:20180529212917j:plain

まぼ厚焼玉子。いや、まぼ厚の、焼玉子か?「まぼ」ってなんだろ…? 

厚焼玉子の専門店で、商品は持ち帰り用の厚焼玉子のみ。注文を受けたあとに順番に焼いていくそうで、カウンターには、焼きあがって紙袋に入った厚焼玉子たちが控えていた。この厚焼玉子、サイズが大中小とある。小はひとつ1200円。聞けば卵を11個使っているのだとか。11個!! 大きさにビビった私と友人、2人で1つを買うことにした。

店主さん、「出来上がったら半分に切って袋を分けとくから、一時間後くらいに取りに来て。その間に、その辺で昼ごはんを食べていきな!」と明るく返してくれた。メニュー表には、しらすとかねぎとか、チョコレートなんてのもあったのだが、新参者の私たちはプレーンで。

漁港前の小さな食堂で、あじ丼とあじフライとなめろうコロッケ(美味!)をたらふく食べたあと厚焼玉子を受け取りに。これがその厚焼玉子。半分サイズでもじゅうぶん大きい。そして分厚い。

f:id:lovestamp:20180529213012j:plain

味は甘めで、口当たりはふわふわしっとり。もう一口、さらにもう一口とつい箸が伸びる。これはもう、しらす入りやねぎ入りも美味しいに決まってる。しかしチョコレートってどうなんだ、お菓子だと思って食べればいいのか? 引き続き気になる存在です、「名人たかだ屋」。沼津港近くに行かれる際にはぜひ。