旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



グローブトロッター、アウトレットと限定品と

先日、長島のアウトレットへ行った。目当てはヴァルカナイズロンドンというお店、英国メイドの素敵スーツケース「グローブトロッター」を見るためである。グローブトロッターは普段ほとんどセールにならないが、少し傷がある商品などを、期間限定で割引価格で売っているのであった…ゴクリ。

グローブトロッター。赤の21インチを持っている。初めて値段を知ったときはあまりの高額さに驚き、「スーツケースにそんなに出すなんてどうかしてる」と思ったのに、その見た目、歴史、美しさへの憧れを抑えられなくなり数年前に思い切って購入したのだった。

サイズも使い勝手も過不足なし。スーツケースなんて何個もいらないのに、ひとつ手に入れるともうひとつほしくなるのがグローブトロッター。サイズ違いがあればそれはそれで便利だよね、旅行に行かなくても普段から洋服とか入れておけばいいよね、見た目が素敵だから部屋に置くだけで暮らしの質が上がるよね!(いま部屋に置いてあるけど暮らしの質なんか変わらないってことを忘れてる)

アウトレット商品は定価より1~3割ほど安かった。買い足すなら一回り大きい26インチがいいのだが、いいなと思ったブラウンは欠品で、さらに大きな30インチしかなかった。うーむ、30インチは大きすぎる。基本的に荷物が少なめだから持て余してしまいそう。でもまあ、大は小を兼ねるからいいか? この先長期旅行に出かけるかもしれない、いやむしろスーツケースを活かすために長期旅行を計画しても構わない(本末転倒)。割引に目がくらみ、大きすぎるスーツケースを買う正当な理由を必死で探す私である。

しかしこれ、割引したといっても17万円。気軽に買えるものではない。ケーキ屋さんで1100円の高級ケーキにビビるのとはケタが違うんである(ハーブスのメロンメロンケーキ記事を参照)。

グローブトロッターはほしい。しかしすぐに必要なわけじゃない。そもそもサイズが大きい。でも安く買えるチャンスを逃すのも惜しい。あぁどうすれば! このとき、私の心を見透かすように店員さんが放った一言。

「21インチをお持ちなら、次はこの30インチがおすすめです。30インチの中にお手持ちの21インチを入れて旅行に行けばいいんです。で、帰りに荷物が増えたら、スーツケースを2つにできますよ!

スーツケースにスーツケースを入れる? うわぁなるほど、そりゃ名案やで!って思うと同時に、そんなアホな使い方があるか!とも思った。いや、アホな使い方ってことはないんだけど、まるでマトリョーシカ。スーツケースを開けるとまたスーツケース。その蓋を開けるとまたスーツケース、その蓋を開けると……。こんな売り文句が出てくるとは予想外であった。

ここでいったん冷静になり、安いからって本質を見失いかけていた自分を反省。ベストな商品に適切な対価を払うのはいいけれど、「ちょっと違うな」って思いながら十何万を払うのはないわ。そう、問題は値段ではない。高いか安いかではなく、それが本当にほしいものなのかどうか、だ。

何ひとつ買わずにアウトレットを去って名古屋に戻り、まっすぐ向かったのはヴァルカナイズロンドン名古屋店。ここにはグローブトロッターの新品が定価で売られている。アウトレット店にはなかったブラウンの26インチを見せてもらったら、おお、色もサイズもしっくりくる。やはりこれだよ私がほしいのは! さっき早まらなくてよかった。もう迷わない、ほかのものに目移りしたりしない。たとえ値段が高くとも、これがほしいという揺るぎない気持ちになったものだけをしっかり見極めて買うんだ…!

と思った矢先、ふと別の場所に飾ってあるスーツケースが気になり「あれは?」と尋ねると、店員さんが「イギリス王室の王女ご生誕記念モデルです」と。なんと! その存在は知っていたけれど、実物を見るのは初めて。限定モデルとあって通常とは違う凝ったデザインなのだが、これがまた配色も内装もすごく好みなのである。ネットで見て憧れていたのだが、実物を前にしたら頭に血がのぼるほど素敵だった。どう考えてもこれしかないってくらい好きだった。しかも、これが全国で最後のひとつ、あとは残らず完売とのこと。

やばい、運命のスーツケースに出会ってしまったようだ。もはや、さっきまで見ていたブラウンの26インチが霞んで見えるレベル。これこそ私が求めていたもの、そして今しか買えないもの。問題は値段じゃない、それが本当にほしいかどうか、だ。確かこの限定モデルはかなりの高価格であったと記憶しているが…。おそるおそる確認したら、「31万円です」との答え。さんじゅういちまんえん。 高い! 出せるわけない!

というわけで、数秒前まで抱いていた「本当にほしいものならば高くても買う」という決意は簡単に崩れ去った。「本当にほしくても買えないものもある」という当たり前のことを再確認。それが正しく31万円の価値があるものだとしても、単純に高いよね、スーツケースにかける金額としてはね。こうなると初めに見た17万円が破格の安さに思えてくるけどそれは気のせい。ともかく、いま持ってる赤の21インチを長く大事に使おうという結論に至った。さんざん見ておいて結局そこ。

▼グローブトロッター愛の関連記事