旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



スタバにて、超高カロリーおばけフラペチーノ退治ふたたび

カロリーおばけの異名を持つ「チョコレートクランチフラペチーノ」を再度注文。もちろん特大のヴェンティサイズ、今回はエスプレッソショットを追加してみた。それだけで震えるほどの高カロリーだというのに、ついでにラズベリースコーンも注文。

チョコレートクランチフラペチーノ 1044カロリー
エスプレッソショット 5カロリー
ラズベリースコーン 397カロリー

しめて1446カロリー。これだけで1日の必要カロリーの80パーセントくらいいっちゃってるが、そんなの気にしてたらスタバには通えない。私はコーヒーを飲むためではなく、ホイップクリームを食べるために来てるんだ!

f:id:lovestamp:20180519225648j:plain

こんな、「てへぺろ」な表情しやがって、カロリーおばけのくせに!

前回大絶賛したチョコレートクランチフラペチーノだが、今回も期待を裏切らない美味しさであった。いや素晴らしいわ、フラペチーノと混ざりあったチョコレートソースの濃厚さ。しゃりしゃり冷たいフラペの中で、甘くねっとりと舌にからみつくチョコレートの存在感に拍手したい(パチパチ)。

これを飲みながら、最近気になっていることをスマートフォンで調べまくった。それは「糖質制限ダイエット」。食事における糖質の摂取量を制限することで体重を落とそうという方法である。忠実に取り組む気はないしできる気もしないのだが、なんかちょっと興味ある。糖質っていうのは、もちろん砂糖。それから、お米とか小麦粉、甘みのある野菜類も含まれるらしい。なかなか切ない。

ごはんもパンも麺類も食べないっていうのは、おかずを工夫すればまあ何とかなるかもしれない。でもお菓子やケーキを断つというのはどうだろう、耐えられるだろうか。私の身体の半分以上はスタバのフラペチーノとハーブスのケーキでできてると思うんだけど、それをゼロにする生活ってどうなの、どんな禁断症状が出るのか出ないのか。

甘いスコーンにクリームを塗りたくりつつ特大サイズのフラペチーノをすすっている私が、こう見えて実は必死に糖質制限ダイエットのことを考えているとは誰も思うまい。フフフ、人は見かけによらないでしょう?って、店内のお客さんを見回しながらやや得意気になったのだが、や、わかってます、得意気になるようなことではないですな。