旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



チョコまみれカロリーまみれのチョコレートクランチフラペチーノ

スタバの新作「チョコレートクランチフラペチーノ」。カロリーがあまりにも高いことから「カロリーおばけ」とも呼ばれている。そのおばけと向き合ってみた。頼むのはもちろん一番大きいヴェンティサイズだ。

f:id:lovestamp:20180519225357j:plain

比較対象がないので大きさが伝わらないが、これで1044カロリー。ラーメン2杯分! おばけこわいよ~~。

フラペチーノに混ざっているのはチョコレートソース。そして砕いたビスコッティ(スポンジケーキのようなビスケットのような)とアーモンド。上にはコーヒーホイップクリーム、再びチョコレートソース、さらにカカオ豆を砕いたものがパラパラとのっている。

アーモンドがあまり好きじゃないのでアーモンド抜きでお願いしてみたのだけれど、「砕いたビスコッティとアーモンドが混ざった状態のものをフラペチーノに加えているので、どちらか片方だけを抜くというのはできないんです」と店員さん。アーモンドを抜くときは、ビスコッティも一緒に抜かねばならないということだ。それではこのフラペチーノの個性の大部分が失われてしまうなと思ったので、どちらも抜くことはせず、オリジナルのままで作ってもらった。いつもなら迷わずエクストラホイップだけれど、カロリーの高さに怖気づいたためホイップの増量なし。チョコソースの追加もなし。

ここ半年くらい、季節もののフラペチーノに対してはやや厳しめの評価を下してきた私だが、このチョコレートクランチフラペチーノは非常に好きだった。ヴェンティサイズでも最後まで飽きない。それはずばり、チョコレートソースがおいしすぎるから。

冷たいフラペチーノの中にチョコレートソースを入れたらパリパリに固まっちゃうんじゃないの?と思いきや、濃厚なクリーム状のソースにはねっとりとした存在感があっておいしい。甘い。太る。カロリーおばけ。もちろん甘いんだけど、甘すぎず、しつこくないのが素敵。そしてビスコッティ。あまり日常に登場しない単語なのでつい画像検索などしてしまったが、そうそうこんなやつ。これまたフラペチーノに浸されてびちゃびちゃのクタクタになるかと思いきや、意外と最後まで食感を残していてよいアクセントになっていた。ああ美味しいよチョコレートクランチフラペチーノ。過去に飲んだいちごよりヨーグルトより好きだな。まあ、果物もヨーグルトもそもそも好きじゃないっていう時点で平等な採点ではないんだけど。

いま手元に、どんなカスタマイズも自由自在の夢の無料券がある。使い道は、チョコレートクランチフラペチーノで決まりだ。次こそはエクストラホイップ、そしてチョコレートチップも追加したい。店に行く前に、3時間くらいジョギングでもした方がいいのかもしれんな。