旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ケーキのおまけが安くて美味しくて、本体を上回りそう

サバランが好きな私であるが、どこかに美味しい店はないものかと常日頃から探している割に近くにあるお店を見逃していた。徒歩圏内にあるケーキ屋さん、その名は「三河屋洋菓子店」。なぜだろう、三河屋という響きだけで、まるで和菓子屋さんのような老舗感が漂うのは。お店のロゴには since1923 と書かれており、これが創業年であるとすれば営業90年以上。確かに文句なしの老舗ではあるのだった。

で、サバランがあるという噂を聞きつけて初訪問、おめあての品を買った。結論からいうと、超好み!

f:id:lovestamp:20180529090506j:plain

カップには洋酒がひたひた、生地にしっとり染みこんで余りあるという状態で、食べ終わったあとカップを傾けてグイッと一杯いけちゃうぜって感じだった。あと、余計なものが何ひとつ載っていないのも私的には好印象。フルーツとかミントとかいらないんだ、ブリオッシュ生地とホイップクリームだけで作られているものが至高!

というわけで、いつでもこのサバランを買いに行けると思うと嬉しくてならない。もうひとつ、三河屋洋菓子店で驚いたことがあって、ケーキと一緒にショーケースに並んでいたのがこれ。

f:id:lovestamp:20180529090523j:plain

スポンジ生地の切り落とし。しかもたっぷりのクリーム付き!!

私が生クリーム好きであること、フルーツに興味がないこと、ただ純粋に生地とクリームだけをひたすらに味わいたいことを具現化したような商品ではないか!しかもこれ、200円。やすっ!!実際には、袋詰めされた生地の量によって300円とか350円とかいろいろあったのだが、食べ過ぎ注意なので小さいのにしといた。

ねぇ三河屋さん、あたしみたいな人間は、ケーキを買わずにこのお得な切り落としのみを買いかねないですよ。パン屋さんに来てもパンを買わず、レジ横にある食パンの耳のみを買うようなもんですよ。いえ、決してケチな気持ちからじゃないんです。スポンジ&クリームっていうこれは、必要十分、過不足なし、もはや完成形といってもいい在り方だと思うのです。ええわかります、ケーキを作る際にどうしても出てしまう副産物ですよね、これがメインなわけではないですよね。これだけが目当てだなんて客は不本意ですよね。大丈夫です、サバランも一緒に買いますから。

興奮が顔と鼻息に表れないよう注意しながら購入したが、いやあ、いいもんみっけ!って感じだ。こういうとこが地元密着の老舗店らしさなのかもね、三河屋洋菓子店。