旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




風通しの良い暮らしとはこういうこと

味付け玉子を作ろうと思い、チャック付きのビニール袋にゆで卵を入れた。全部で4つ。ここに漬け汁を入れて半日ほどおいておけばステキに味のしみた美味しい味付け玉子ができるはず。お手製の漬け汁を、ゆで卵の上から静かに注ぐ。

 

……あっ。

 

ちょろちょろと袋の外にこぼれる汁。なんと袋に穴が開いていたらしい。せっかく作った漬け汁がぁぁ! とっさの瞬発力を発揮し、手近にあったボウルで汁を受け止める。セーフ。被害をなんとか最小限にくいとめた。

破れた袋は捨て、新たな袋に卵を入れる。念のためビニール袋は二重にした。さすがに汁が漏れる様子もない。うむ、これでよし。

半日後、満を持して卵を取り出した。が、しかし! 卵の表面は白いままで、ほとんど色が付いていなかった。もっとこう琥珀色な感じになるはずなのにおかしいと思いよく見てみると、

 

またしても袋が破れていた。

 

二重にしたうちの内側の袋に穴があり、漬け汁は全部漏れ出して外側の袋へ移動していた。4つのゆで卵は当然、内側の袋の中である。漬け汁と卵が別々の袋に分かれていたわけで、そりゃそうだ、これでは味がしみるわけがない。

仕方がないからとりあえずただの半熟ゆで卵として食べた。漬け汁の入った袋をぼんやりと眺めながら。もうね、ひとりで笑えてきたよね。ビニール袋のやつ、破れすぎ!

っていうのが昨日までの出来事で、今日は今日でまた別の穴の話。

f:id:lovestamp:20180528235016j:plain

洗面所でじょうろに水を入れてベランダに運ぶときに事件は起こった。なんと今度は、じょうろの底に穴が開いていたのである。

何で? 昨日までは何ともなかったのに、一夜の間にじょうろに何があったの!?

水いっぱいのじょうろを持って部屋を横断する間にボタボタと垂れる水、いや、垂れるなんて可愛いもんじゃないな、盛大にこぼれて1リットル以上が室内に撒き散らかされたからな。フローリングの床も、じゅうたんも、座布団も、その辺に置いてあった裁縫用の布もびしょぬれになった。

で、足も靴下も濡れたからベランダで乾かすことにしたのだが、ずぼらな私は、靴下を脱いで乾かすなどという面倒なことはしないのである。履いたまま乾かす!

 

今ここに、恥も外聞も女子力も投げ打ち、捨て身の写真を公開しよう。

 

 

f:id:lovestamp:20180528235042j:plain

つまさきに見事な穴。靴下よ、お前もか!

何から何まで穴だらけな自分が、いっそ清々しく、愛おしく感じられる昼下がりであったよ。ちなみに、写真をモノクロにしたのはそのほうがまだ少しでも詩的(?)に見えるかなと考えての苦肉の策なのだが、いかがだろうか。このあとじょうろを買うために外出したのだが、穴のない靴下に履き替えたことを念のため言い添えておく。