旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




ハーブスはチョコレートシーズン

うちに遊びに来る人からの「ハーブスのケーキのリクエストにお応えします」というささやきに、この時期ならではのチョコレート系ケーキを二つお願いした。ハーブスのホームページをよく眺めて、イラストと紹介文から想像を膨らませて。

ホームページにはホールまるごとのイラストだけが掲載されていて、断面の説明はない。だから、初めて実物と対面するとき、断面を見て「おおっ」となることがある。

お願いしたうちのひとつが、「マロンチョコレートタルト」。

 ホームページの紹介文は、「ラム酒入りのマロンチョコレートクリームで、刻んだマロンと生クリームを包んだタルト。」

 

この文面をさっと読んだ限りでは、

f:id:lovestamp:20180517120852j:plain

ここまでたっぷりの生クリーム量を想像していなかった!クリーム・オン・クリーム。涙が出そうなほどの、うれしい誤算である。

生クリーム系も確実にほしかったから、もう一つはこちら「ストロベリーチョコレートケーキ」

f:id:lovestamp:20180517120923j:plain

ブランデーをきかせたスポンジ生地はしっとり、非常に美味。スポンジよりもクリームの方が厚みがある。

前から思っていたが、ケーキを包んでいるアルミホイルをはずさないせいでクリームがぐちゃぐちゃして写真のうつりが美しくない。ちなみに、アルミホイルに付いているクリームは、もちろんフォークできれいにとって食べる。アルミホイルはピカピカになる。むしろ、その状態で写真を撮った方がいいのかもしれんな。今度試してみよう。覚えていたら。