旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




身延線と飯田線完全走破!山を引き連れ180駅

月曜から土曜までみっちり働いた脳と体が「息抜きさせろー!!」と叫ぶので、18きっぷを買って列車に乗った。鈍行でひたすらのんびりしたかったので、ローカル線つなぎの旅。鉄子炸裂。

東海道本線身延線中央本線飯田線、再び東海道本線と回ってみた。静岡、山梨、長野、愛知、静岡の順だ。朝6時から夜8時まで途中下車なし、乗り換え以外は外に出ず。贅沢なのか苦行なのか。

f:id:lovestamp:20180522095314j:plain

身延線の車窓より。富士山が近い!

f:id:lovestamp:20180522095333j:plain

飯田線から見る山並み。たぶん、なんとかアルプス。

f:id:lovestamp:20180522095348j:plain

これも飯田線から見る、天竜川。水面の色がふしぎ。

結局14時間以上乗車したが、全然疲れなかった。北海道で特急に8時間乗ったときには疲れたのに。やっぱ鈍行の速度が体に合ってるんだろうか。緑いっぱいの風景がよかったのか。

今までできてなかった飯田線走破も達成したし、ムフフ、よしよし。通過した駅数、ぜんぶ足したら180を超えてた。おお!数の多さに達成感を覚える。誰が褒めてくれるわけでもないのが悲しいぜ。

飯田線で隣り合った60過ぎの紳士にひょんなことから話しかけたところ、えらく会話が弾んでお互いしゃべりまくること3時間あまり。終点の豊橋に着くころにはすっかり意気投合して、最終的には「息子の嫁にならないか」とまで持ちかけられた。えっ、待って、お義父さん!いやいや、なりませんけど! 隣り合ったのが60過ぎのおじさんでなく、同い年の青年だったら良かったのになー。そんで話が弾んだ末に「俺の嫁にならないか」とかって言われたらね、そしたらもうね、驚きながらもコクリとうなずいちゃってたかもね、飯田線マジック、ローカル線ミステリー。

18きっぷはまだ余ってるので、さらなる出会いと楽しみを求めてあと1回、さすらっちゃおう。