旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



だんだん昼が長くなる。盆栽も春のよそおい

3月21日、春分の日である。ちょうど昼夜が半分ずつで、これからは少しずつ昼が明るく長くなるんだもんね、そりゃあ春だわ。

今日は昼間の気温が高くてコートがいらない陽気で、ああいよいよ春だなあと思ったのだが、「いよいよ」どころの話じゃなかった。実はもう既にして春だった! あと十日で四月になるってこともついさっき気づいたからな。桜の便りを耳にしてはどうしようもなく浮ついてしまう時期の到来だ。ここ数年、各地の名桜を追いかけて心を奪われすぎで、春をちっとも穏やかに過ごせない。桜のことなんて知らないふりをしていたいのにそうもいかず。あああ、悩ましいわい。

遠くの桜ばかりに気をとられていたところ、すぐ近くでうれしいものを見つけた。盆栽の富士桜につぼみが付いている!!

f:id:lovestamp:20180518225929j:plain

これは、去年に引き続きの快挙(その前の二年間はつぼみが付かなかった)。去年の花は全部で6つだったが、今年はそれよりつぼみが多い様子。また今年もこの鉢で花が見られるとはうれしい。この数カ月はほとんど放置プレイな盆栽ちゃんだったのだけど、ごめんね、えらいぞ! 

 

 モミジにも、新しい芽。

f:id:lovestamp:20180518225942j:plain