旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




常滑やきもの散歩、盆栽鉢を買う

愛知県常滑へ行ってきた。常滑は、焼き物で知られる町だ。「焼き物に興味あり!」と、ひとりは金沢から、ひとりは札幌から、私は静岡から。これだけ離れた場所にいる三人が常滑で集合って、相変わらず渋すぎる。すてき。

常滑の市街には、古くからある窯元や工房、こじゃれたギャラリーやショップ、カフェが点在しており、これらを効率よくまわれるよう「やきもの散歩道」というコースが設定されている。コースの詳細地図も入手し、「あれもこれも見たいよね!」とはりきって出発。先導は僭越ながらこの私。しかし歩き始めてほどなく、自分たちがどこにいるのかがわからなくなる。よくよく地図を見れば、スタート地点からコースを逆走していた。しかも、既にコースをはずれた場所にいた。いい幕開けだわね!!

真夏のような暑さと日差しにふにゃふにゃとなりつつも、見るべきところはちゃんと見る。目をつけていたカフェでごはんを食べる。ギャラリーを気ままにのぞきつつ、てくてくと歩く。

f:id:lovestamp:20180517094809j:plain

散歩道のハイライト、「土管坂」。この奇妙な眺め。

f:id:lovestamp:20180517094821j:plain

レンガを積んだ煙突が、街中ににょきにょき。

f:id:lovestamp:20180517094831j:plain

この看板に吸い寄せられ、鉢の専門店へふらふら。

f:id:lovestamp:20180517094843j:plain

盆栽鉢を購入した。常滑焼の盆栽鉢! いっちょまえに、有名どころの焼き物の鉢ですよ。やるなあ、私も。これは盆栽仲間とのいい話のタネになりそう。まあ、盆栽仲間なんてひとりもいないんだけど。

ひととおり見ながらぐるっとまわって4時間くらい。これくらいの規模が、観光にはちょうどいい。黒い壁の町並みとか、煙突とか、小さな野の花とか、絵になるポイントもいろいろあるしね。