旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



盆栽

紅白の大文字草が咲きました

大文字草の株を分けたり植え替えたりを繰り返すうちに、同じ鉢に二色の花が混ざっていた。咲いてみて初めて知った。これはこれで、とてもかわいい。 その名の通り、花びらが、ちゃんと「大」のかたち。

春が来て大文字草の花ひとつ

今年初の大文字草が咲いた。2017.4.9 ヒメシャラの若葉もみるみる出てきている。盆栽鉢の中をめぐる季節の移り変わりに、毎年毎年毎年本当にうっとりしつつ恐れ入ることよ。

盆栽の大文字草が満開です

あちこち向いた大の字の花が、線香花火のようでもある。可愛い。

大文字草の花は順調

大文字草が続々と開花。ひとつずつが可愛らしいなぁ。 株分けした分も、来年には大きくなって花が咲くといいな。多年草バンザイ!

2年目の大文字草が開花

今年も大文字草の花が咲いた。 その名のとおり「大」の字のかたち。

大文字草につぼみができた

昨年買った大文字草。 つぼみのついた茎って、こんなにも唐突にニョキッと伸びるものだっけ? 毎日水やりをしているのに茎がだんだん伸びていることにまったく気づいてなくて、ある日急にこうなっていた、という印象だ。1年ぶりに花が見られるのが楽しみ。 …

根詰まり対策。植木鉢に詰まった根をカットする

二年ほど前に100円ショップで買った観葉植物「シェフレラ」(またの名を「カポック」)。当時は手のひらサイズだったのを、大きな鉢に植え替えてベランダに出したら、まー大きくなるわなるわ。今や、背の高さが60センチ強となった。 お前さん、こんなに立派…

ヒメシャラの紅葉あるいは黄葉、もしくはそれ以外

10月も一週間が経つというのにまだまだ暑さを覚える静岡市(余裕で半袖)。それでも空気は少しずつ秋のものになってきて、盆栽のヒメシャラも色づいてきたことよと眺めていたのだが、 あれ? ヒメシャラって、赤く色づくのではなかったか。黄色くなるのだっ…

夏の終わりの、ナツハゼと大文字草

ベランダの盆栽棚。手前の白と左の青い鉢はナツハゼ。中央の黄色い鉢は大文字草。 重なり合っていて見えにくいが、大文字草がめちゃくちゃ元気である。どれくらい元気かというと、ナツハゼの鉢にも芽を出すくらい。いつのまにか種が飛んでそこで根を生やした…

春、カマツカコケモモが開花する

5月半ばのいま、カマツカコケモモの花が咲いている。花ひとつが小指の爪くらいの大きさ。白い球体はつぼみです、今後まだまだたくさん咲きそう。(左に見えるのはすみれ。同じ鉢にいつの間にか種が飛んできて根づいてしまい、抜くに抜けないまま) カマツカ…

ヒメシャラの若葉とナツハゼの植え替え

ヒメシャラの若葉が良い感じなのでご覧ください。枝という枝からちゃんと葉っぱが出てきていて、植物ってえらいなあと思う。 それから、ナツハゼの枝がごちゃごちゃしていたので植え替えた。本来は成長期のこの時期にやる作業ではないのだが、見ているうちに…

大文字草とヒメシャラと、春を迎えて成長中

朝に盆栽の水やりをしながら、変化を見るのが楽しい。大文字草が日に日に茎を伸ばして葉を大きくしている。 ヒメシャラの芽も、茶色かったのが黄緑になり、固かったのがふっくらしてきた。たまらんね。

大文字草の芽吹く春

盆栽の大文字草がいい感じに芽吹いてきた。昨年10月、長野県は小布施町へ行ったとき(https://tokotoko.hatenablog.jp/entry/2015/10/14/212000)、やましち山野草店にて買ったもの。ただひたすらに地味だった盆栽棚に、やっと明るい色がついてくる季節。 今…

秋晴れの休日は盆栽の植え替えを

山野草のお店で買った苗を鉢に植え替えた。葉や花に季節の移り変わりが見えるというのは素敵だ。ベランダでせっせと作業しながら、そういえば私は土いじりが好きなのだったと再確認。 ナツハゼ。葉の先が色づき始めている。成長すれば実をつけるが、この小さ…

カマツカコケモモの白い花が咲いた

カマツカコケモモが開花。去年は花をつけなかったような気がするんだけどどうだっけ? 花が咲く木だということをほとんど忘れていたところに今朝いきなりいくつも咲いていて、思わず「ええっ?」って声を出しながら鉢を二度見、三度見してしまったわ。 この…

盆栽棚、夏を迎える準備

5月に入った途端、急に気温が上がって日差しが強くなって初夏の気配。春はいったいどこへ行ってしまったのか。 ベランダの盆栽を日光から守るため、今年もすだれを出した。例年よりだいぶ早い。いつも出す時期が遅すぎて、直射日光に当たりすぎて葉灼けした…

盆栽鉢に、コナラとモミジの植え付け

公園にて、管理人さんの許可をもらって木の苗を持ち帰った。鉢に植えられている苗木を持ち帰ったという意味ではない。園内のそこらへんに自生してるのを好きに掘って持ってっていいよという、えっ本当にいいの!?と聞き返したくなるような話。 手頃な大きさ…

今年も富士桜が開花

ベランダの鉢の富士桜、今年のつぼみはひとつだけ。そのひとつが今日開花した。 富士桜は、小さな白い花が下を向いて開く。清楚なたたずまい。

カマツカコケモモの植え替え

久々の盆栽ネタ。カマツカコケモモの植え替えをした。 カマツカコケモモは非常に強い木である。1年ほど前、剪定で切り落とした枝を適当に土に挿しておいた。すると切り口から根が出て、枝がぐんぐん伸びて、これがまあ実によく育って大きくなった。 結果、ご…

ハゼの盆栽は秋色、栗おこわも秋色

先日の小布施訪問(ブラムリーを求めて小布施町へ その1 - 旅と日常のあいだ)にて、園芸品売り場にて買ったハゼ。 紅葉がきれいな品種で、みるみると色づいてゆく。 買ったままの鉢だから、二つくらいに分けてきれいな鉢に植え替えよう。 小布施で買ったも…

ヒメリンゴが開花、富士桜は満開

ヒメリンゴのつぼみがふくらんできたなあと思ったら一気に開花した。白い花がいっぱい。 富士桜は、まだ気づいていなかったつぼみがいくつかあったようで、途切れることなく花が続いている。今朝の時点で同時に6つほど咲いていた。というわけで、本日、満開…

ベランダの富士桜が花盛り

ベランダに置いてある富士桜の鉢植え、今年のつぼみは三つですということを先日書いたのだが、今朝見たら花が5つも咲いていた。さらに、これから咲きそうなつぼみも複数発見。おおお、いつの間に。気づかないうちに、すくすく育っていたのだね! 富士桜の花…

ベランダの富士桜が今年も開花

ベランダで、今年も富士桜の花が咲いた。開花日は2014年3月29日。 この写真は大きな鉢植えのものである。木の高さは130センチくらい。もっと小さな盆栽仕立ての方はというと、今年はつぼみをつけなかった。すでに元気な葉が出ていて、まあそんな年もある。 …

盆栽の富士桜につぼみ、ヒメリンゴは若葉もりもり

ここ最近は気温の高い日が続いており、街や公園の桜は満開にむかってどんどん花を広げているところ。我がベランダにももちろん春はやってきており、今朝見たら盆栽の富士桜につぼみがついていた。全部で三つ。一年に一度だけ咲く花の、しかも一本の木に三つ…

ヒメリンゴに春のきざし

冬を静かに耐えていた盆栽が、季節の変化に気づいたらしい。 寒風に裸の枝をさらしていたヒメリンゴ、生きているのか死んでいるのかもわからんなあと思いながら見守っていたところ、今朝になって小さく芽吹いているのを発見した。とってもうれしい。春が近づ…

ハゼノキの紅葉が始まる

10月も長いこと残暑に苦しめられた2013年であるが、11月になりやっと気温が下がり、一気に秋深まる。それにしても急降下すぎて準備が追い付かず、体調を崩して寝込む羽目になったのが悲しい。季節さん、もうちょっとこう、穏やかにゆるやかに変化してもらえ…

夏の盆栽はすだれの陰にあり

直射日光がばんばん当たるベランダで盆栽が「あつい!」「水をくれ!」と悲鳴をあげており、棚にすだれを立てかけてとりあえずの日除けとしていたのだが…… 見た目は涼しげながら、この夏の激烈猛暑をすだれひとつで遮ることができようはずもなく、よく目を凝…

7月の盆栽は青々と

ここ数日、日本各所は猛烈な暑さであり、今日も明日も猛烈予報であり、盆栽の水やりのためにベランダに出ることすら(窓をあけて光にあたることすら)ためらってしまう日差しの強さと気温の高さ。と、け、そ、う・・・。 私も盆栽も、げんなりである。 ここ…

ハゼノキの株分けと富士桜の挿し木

盆栽に関して、この5月にやったこと。ハゼノキの鉢が2つあったのだが、ひとつあたりの本数が多くて枝や葉が混みあっていたので、株を分けて植え替え、鉢の数を増やすことにした。葉や枝が重なりあっていると、風通しが悪くなって虫がついたりしてよろしくな…

盆栽の若葉に春の日差し

盆栽の緑の鮮やかさがたまらん季節になってきた。明るくみずみずしい若緑の美しさときたら!小さな体に満ちた生命力の強さや律義さに、ただただ恐れ入ってしまう。 モミジ ハゼノキ イチョウ もう単純に形がきれいだよね、葉っぱのひとつひとつの。見飽きな…