旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



海外旅行

南極へ11 クルーズ2日目。やまない揺れと、船内での過ごし方

昨日の夕方に出港した船は、南極半島に向けてドレーク海峡を横断中。夜の間もずっと揺れていたようだけど睡眠をさまたげるほどではなかった。乗船時の前回記事はこちら(南極へ10 探検船の初日。客室の様子と、魔のドレーク海峡への備え) 朝7時、超おもしろ…

南極へ10 探検船の初日。客室の様子と、魔のドレーク海峡への備え

ウシュアイアの現地時刻で2月20日16:45ごろ。いよいよ南極行きの船に乗る。前回の記事はこちら(南極へ09 ウシュアイアの街歩き、世界の果ての博物館とか顔ハメとか)。 客室に入るとスーツケースが届いていた。テーブルには結婚祝いのメッセージカードとワ…

南極へ09 ウシュアイアの街歩き、世界の果ての博物館とか顔ハメとか

ブエノスアイレスを出発し、南極行きクルーズ船の乗船地であるウシュアイアに到着。ここまでの記事はこちら(南極へ08 パタゴニアの山々を見下ろし、世界最南端の街・ウシュアイアへ)。 ウシュアイア空港は木組みの三角屋根で山小屋みたいな雰囲気だった。…

南極へ08 パタゴニアの山々を見下ろし、世界最南端の街・ウシュアイアへ

南極旅行記、前回の記事はこちら(南極へ07 地下鉄SUBTEと、世界で二番目に美しい書店エル・アテネオ)。 私たちのツアーは、ブエノスアイレスでの1泊と、ウシュアイアまでの往復航空券、そこからクルーズ船に乗りこんで以降のすべてが含まれたプラン。2月1…

南極へ07 地下鉄SUBTEと、世界で二番目に美しい書店エル・アテネオ

南極旅行記と言いつつ、南極にたどりつくまでのアルゼンチンの記録。前回の記事はこちら(南極へ06 マデロ・タンゴで、ショーとディナーと深夜の屋外練習)。 ブエノスアイレスで一泊した翌朝、朝食はルームサービスをとった。ワゴンの上には種類いろいろの…

南極へ06 マデロ・タンゴで、ショーとディナーと深夜の屋外練習

ブエノスアイレスの夜、アルゼンチンタンゴのショーが観られるレストランへ。前回までの記事はこちら(南極05 ブエノスアイレスの街歩き、パシフィック・ギャラリーへ)。 予約時刻の20時にあわせてレストランへ。プエルトマデロ地区という、運河沿いの洒落…

南極へ05 ブエノスアイレスの街歩き、パシフィック・ギャラリーへ

南極(に向かうまでの悲喜こもごもの)旅行記続き。前回の記事はこちら(南極へ04 空港でハプニング発生、ブエノスアイレスで奮闘)。 自分の体と手荷物は無事ブエノスアイレスに着いたけれど、着替えのすべてが入ったスーツケースはアトランタ空港に置き去…

南極へ04 空港でハプニング発生、ブエノスアイレスで奮闘

南極旅行の続き。前回の記事はこちら(南極へ03 成田からダラスへ、そしてアトランタへ - 旅と日常のあいだ)。 アメリカはダラスを出発し、アトランタに到着。成田を出てから数十時間一度もお風呂に入っていないし、この先もブエノスアイレスまで10時間以上…

南極へ03 成田からダラスへ、そしてアトランタへ

南極旅行への出発当日の話。前回の記事はこちら(南極へ02 2月の南極旅行に持っていった服)。 当日朝にやっと荷造り終了。荷物は35Lのスーツケースと20Lくらいの黒リュックのみ、17日間の旅行にしてはめちゃくちゃ身軽だ。リカちゃん人形とその洋服が余分…

南極へ02 2月の南極旅行に持っていった服

南極旅行記、前回の記事はこちら(南極へ01 南極行きのきっかけとツアーの申込みまで)。 私たちが申し込んだ南極ツアーは、ブエノスアイレスのとあるホテルが集合場所になっている。そこまでのルートは自分次第なので、私たちはブエノスアイレスに連泊して…

南極へ01 南極行きのきっかけとツアーの申込みまで

2018年2月に南極へ行った。南極! そもそも、観測とか探検目的ではなく旅行で南極に行けるということすら知らなかった。行くと決めたのがは3ヶ月前の12月のこと、そこから大慌てで前後のスケジュールを決めて飛行機やホテルを予約して、計17日間の旅のプラン…

南極大陸からの絵はがきが届いた

先日うちに届いたはがき。出された場所は、南極大陸! 赤い消印の円周に「ガブリエル・ゴンサレス・ビデラ南極基地」と書いてある。これは南極のパラダイス湾にあるチリの観測基地の名前。出されたのが2月末で、届いたのは約4ヶ月後の6月半ばだった。ちなみ…

2018年台湾その10 趣味が炸裂、風景印をもらいに郵便局へ

台北旅行記の最終話。前回、鼎元豆漿で豆漿を食べた記事はこちら。 中正紀念堂の蒋介石フロアで衛兵交代式を見たあと、下の階にある郵便局(中国語では「郵局」)へ行った。目的は風景印(=郵便局ごとの絵入り消印)。日本の郵便局のものを熱心に集めている…

2018年台湾その9 鼎元豆漿で朝食を。そして今回3度めの衛兵交代式

台湾最終日は絶対に行きたかった朝ごはんの名店へ。前回の記事はこちら 前回の台湾旅行ではチャンスがなく、帰国してから友人に「あれ食べた?」と聞かれて「あああ食べそこねたぁぁ!」と後悔した台湾グルメが、豆漿(トウジャン)。砂糖入りの甘いタイプ=…

2018年台湾その8 士林夜市で麺、肉、小籠包。両足大興奮!のマッサージ

台湾旅行3日目、淡水で夕日を見た跡は士林夜市へ。前回の記事はこちら。 淡水からMRTに乗り、士林夜市の最寄り駅である劍潭で下車。駅を出て横断歩道を渡ればそこはもう、屋台が並び人がひしめく士林夜市だ。毎日こんなにお祭り騒ぎだなんてどうすんの、って…

2018年台湾その7 今回2度めの衛兵交代と、淡水の見事な夕日

台湾旅の続き。前回の記事はこちら▼ tokotoko.hatenablog.jp アイスモンスターの特大かき氷で冷えた体を温めたく、あたりを散策。高層ビルの台北101 が近いので、それがよく見えるところまで歩いていく。周囲には凧揚げで遊ぶ子どもたち。 国父紀念館がすぐ…

2018年台湾その6 一度は行っておきたい鼎泰豊&アイスモンスターへ

台湾旅行の続き、今日は三日目。▼昨日までの記事はこちら 台湾グルメといえば小籠包、その超有名店といえば鼎泰豊ということで遅めの朝ごはんを食べにバスに乗る。この路線バス、外から見ても異様なほど、車内や窓辺にぬいぐるみが吊り下げられていた。謎。…

2018年台湾その5 寧夏夜市で水餃子とカキオムレツ

台湾旅、二日目の夜は寧夏夜市へ。▼前回の記事はこちら おしゃれな店が並ぶ富錦街からバスに乗り、夜ごはんを食べに寧夏夜市へ向かう。ボリュームたっぷりのタピオカミルクティーを飲んだばかりであまりお腹が空いてないのが残念だけど、夜市の雰囲気を楽し…

2018年台湾その4 忠烈祠の衛兵交代と50嵐のタピオカミルクティー

台湾旅、二日目の午後は忠烈祠へ行く。前回の記事はこちら▼ tokotoko.hatenablog.jp バスに乗って市街地から郊外ヘ。忠烈祠に着いたのが13:50頃、14時から衛兵交代式があるはずなのに人影がまばらで、もしかして今日は交代がないのではと不安になった。数年…

2018年台湾その3 活字店「日星鋳字行」でオリジナルのハンコ作り

台湾旅行の続き。前回の記事はこちらです▼ 目指すは台湾で唯一という活字の店。店の名は「日星鋳字行」といい、店内にある活字を好きに組み合わせてハンコを作ることができる。ゴム印ではなく活字のハンコだ。ああ活字! グッと押したら金属の圧力によって紙…

2018年台湾その2 慈聖宮の青空屋台で朝ごはん

▼前回の記事はこちら tokotoko.hatenablog.jp 台湾到着翌日の朝。路線バスに乗り、朝ごはんの屋台を楽しみに慈聖宮へ。緑が茂るお寺の境内にテーブルとイスを(適当に)並べた感じとか、まわりに並ぶごちゃっとした屋台とか、地元密着な雰囲気を見ながら歩く…

2018年台湾その1 小松空港から桃園空港へ

4月に小松空港から台湾に行った。2度めの台湾(台北)で、現地3泊の旅程。前に行ってから半年経ってない。前回がたいそう楽しくて「また行きたいなあ」と思ったのだが、まさかこんなに早く2度めが訪れるとは思っていなかったよ。 飛行機は19:30発のEVA AIR。…

一世一代の旅、南極へ行く

アメリカはアトランタにやって来た。空港にて、乗り継ぎの待ち時間にこれを書いている。これから17日間の旅のはじまり。 このあと飛行機でブエノスアイレスに行き、世界最南端の町ウシュアイアに行き、そこから船に乗る。向かうは南極だ。 南極!! ドキドキ…

パリ旅11 ラデュレであこがれの朝ごはん、パリにお別れ

パリ7日目、いよいよ最終日の記録。前回の記事はこちら tokotoko.hatenablog.jp 今日はシャルルドゴール空港から帰国便に乗る日。朝7時に起床。昨日までの体調不良は回復した。荷物をまとめゴミをまとめ、戸締まりを確認して部屋を出る。さようなら私たちの…

パリ旅10 昼間で寝て、散歩して、気ままなパリ暮らし風の1日

パリ6日目の旅行記。前回の記事はこちらです 今日も快晴である。午前8時に起きたら昨日から悪かった体調が奇跡の完全回復! ……ということはなかった。残念ながら頭と体がぼーっとする。Mちゃんが楽しみにしていたオペラ座、一緒に行きたかったけれども無理…

パリ旅9 ひき始めの風邪にカヌレとジェラートと葛根湯

パリ5日目の後半。前回の記事はこちらです tokotoko.hatenablog.jp オランジュリー美術館からぐんぐん歩いてモンマルトルへ。高台にあるサクレクール寺院を目指す。坂を登り階段を登りようやく到着。寺院内では何やらライブが行われており、祭壇前でミュージ…

パリ旅8 ラスパイユのビオマルシェと奇跡のメダル

パリ5日目の前半。日曜日、快晴。前回の記事はこちら 朝起きたら、喉が痛くて身体がだるい。歩き疲れか風邪のひきはじめか。来るときに機内でもらった粉末カップスープに、昨夜スーパーで買ったせんべいを浸して朝食とする。ほとんどおかゆ。連日の、バター…

パリ旅7 ヴェルサイユのランチと念願のワインオープン

パリ旅4日目の後半。前回の記事はこちら ヴェルサイユ宮殿を見て(たぶん全体の2割も見てない気がするけど)すっかり疲れた私たち。寒さと空腹から逃れるため、近くにあったレストランに駆け込んでランチ。 相変わらず仏語メニューがわからないながら、前菜…

パリ旅6 ヴェルサイユ宮殿がきらきらすぎて疲弊

パリ4日目の前半。前回の記事はこちら 今日はヴェルサイユに行く。今日も晴れ。そして今日も寒い!アパートのある広場に面したパン屋さんで朝ごはんを買い、高速鉄道の乗り場であるサン・ミッシェル・ノートルダム駅まで歩く。車内でカヌレをむしゃむしゃと…

パリ旅5 ビストロで涙の再会、妖精のジャム、ワインは今夜も開かないまま

パリ3日目の後半。前回の記事はこちらです 買ったばかりのピアスをなくして傷心のMちゃんだが、気を取り直してお昼ごはん。CHARTIE(シャルティエ)というビストロへ行った。昔ながらの食堂の雰囲気、伝統的なビストロメニュー、そしてなんといってもカジュ…