旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



日常

我が家のちょっとしたSNS映えスポット

ベランダの朝顔が伸びてきて、部屋の障子越しに影が映っている。葉っぱがハートの形。こういうの好きでしょ? 京都かどこかでハートの窓のお寺が人気だよね? 一日のなかでも、朝の限られた数十分しか見られない絶景にございます。 私としては、ハートでもな…

朝顔が伸びてきた。バジルもすくすく成長中

6月始めから育てているベランダの朝顔(まいた種も、まいてない種も、朝顔の芽がいっせいに出てきた - 旅と日常のあいだ)、予想以上に多くの芽がでたので半分くらい間引きをして、その後順調に育っている。 ネットも張ったし、どんどん伸びてグリーンカーテ…

まいた種も、まいてない種も、朝顔の芽がいっせいに出てきた

ベランダのプランターに朝顔の種をまいたのは一週間前。そうしたら、種の数よりも多く芽が出てきた。気がつくと種をまいていない鉢にも芽が出ていた。昨年ベランダいっぱいに朝顔を育てたのだが、そこからこぼれた種が土の中にもぐっていたらしい。私が新し…

まだ冷える5月、冬布団の衣替え未遂

4月末まで、本気の羽毛布団+ぬくぬくのシーツと布団カバー+ふかふか毛布という真冬バージョンで過ごしてきた。が、さすがに暑くなってきたので、連休のうちに丸ごと干して、シーツ類も全部はずして、布団もカバーもさらりと軽い初夏仕様に選手交代だ! …と…

眠れぬ胃の痛みから始まる5月

風薫る5月は爽やかな幕開け、とはいかなかった。 ちょうど月が変わる頃、突然かつ急激な謎の腹痛に襲われ、横になって「ううぅ」とうめくしかない状況になった。痛いのは胃のあたり。胃をぎゅーっと絞られて、絞ったその手をパッと離されて、やや落ち着いた…

傷を負った伝書鳩を助けて、飼い主に返した話

職場でのできごと。外出していたスタッフが、「駐車場で、カラスに追い回されてケガをしたハトを見つけた。自力で動けない様子だったのでつかまえてきた。ちょっと電話してあげて」と言って、ハトを抱えて戻ってきた。社内にいた数名、突然のハトの登場にざ…

雪降る北陸の歩道事情と、山岳会への扉

数週間にわたり、降って積もってまた降って、を繰り返している北陸の雪。生活してみてわかる大雪の大変さ、恐ろしさってあるなあというのがこの数日の感想だ。ニュースで見る「車の立ち往生」「物流ストップ」「水道管が凍る」だけじゃない、こんなところに…

豪雪の石川、雪をかきまくって日が暮れる

2018年2月。北陸では現在、数十年ぶりという超豪雪の真っ最中。私の住むあたりも例外ではなく、1時間の間に10センチくらいみるみる積もる。 朝、目が覚めて、窓の外がなんだか明るい感じがするのは、晴れているからではなく雪が白いからだ。窓を開けると信じ…

1か月以上も一緒に過ごすと愛着がわくけど、さよなら、豆苗よ

以前のブログで、「スーパーで買った豆苗の芽が伸びて2回目の収穫をした」という話を書いた(https://tokotoko.hatenablog.jp/entry/2018/01/07/224257)。さらに続けて3回目の収穫もねらっている、と。あれから25日の時が流れ、結果として、豆苗はまだ我が…

過剰なタピオカミルクをずるずる食べる

タピオカミルク(かぼちゃ入り)。 ホテルレストランの総料理長が教える点心作りという催しに参加した。家の近くのキッチンスタジオでみっちり3時間、4品を作って参加費700円というお値打ち設定だ。 全4品のうち、自分でまったく作業せず完成した品があって…

もと以上をとりたくて、豆苗を叱咤激励する

12月25日 スーパーで買った豆苗を、根元の少し上で切り落として食べたあとの様子。 袋には、「水を替えながら10日間ほどおくと再び芽が出てきます」と書かれてあった。 明るい窓辺に置き、さあさあ芽を出せ、茎を伸ばせ!と念じながらせっせと水を替えること…

年が明け、思い切りたい2018年

お正月なので、辻占(つじうら)をいただいた。 辻占は、石川県金沢市近郊でお正月に食べられる和菓子。餅粉と砂糖を練り固めたお花のような細工の中に、お告げというかポエムというか、ちょっとした一言が書かれた紙が入っている。口に入れる前にお菓子を手…

100円グッズでお正月の苔玉飾りを作る

今年も残り一週間を切った。数日前から、大掃除もおせち料理もお正月飾りも何も考えてないことを頭の片隅で気にしていたのだが、大掃除=普段から少しずつ掃除をしているから年末にまとめてやらなくてもまあまあキレイ、おせち料理=食べたいものだけを前々…

クリスマスはあんこでお祝い

クリスマスイブは仕事だった。職場で何人かが差し入れをしてくれたのだが 1人目 あんパン 2人目 たい焼き 3人目 ドーナツ 4人目 たい焼き ← 2個目 どういうわけだかあんこだらけ、クリスマス感は特になし。こうなりゃいっそ、ドーナツもあんドーナツがよかっ…

親知らず抜歯の2本勝負

先日、親知らずを抜いた。現在虫歯というわけではなかったが、歯医者が言うには「このままおいとくと将来的に虫歯になるリスクがあります&親知らずを生やしておくことのメリットは何もありません」と。「問題が起こってからでもいいですけれど、どうします…

今まで見た中で最大級のまいたけ

静岡県浜松市は天竜に住む友人から「まいたけ好き?」というメールが来て、「好きだよ」と答えたら、すごいのが届いた。 天竜まいたけ。なんてご立派な姿!大きさ比較のために雑誌ブルータスを置いてみたが伝わるだろうか。 まいたけの味も香りも、唯一無二…

金沢の冬の始まり、香箱ガニの解禁

2017年11月上旬、ズワイガニ漁解禁。 石川県に暮らしていてカニを食べないでどうするんだ、というわけで、さっそくスーパーで購入。ズワイガニではなく、メスの香箱(こうばこ)ガニだ。ズワイは高いが、香箱は比較的安い。これは1パイ600円くらいだった。小…

10月31日、すべりこみで仮装する夜

10月31日の夜、ふと「仮装をやるなら今しかない」と思い立ち、 柿に仮装をさせてみた。 (ごはん粒を糊として使うっていうの、数年ぶりにやった!) この柿は、さわし柿。「さわし柿」という言葉はつい一ヶ月前に初めて知った。渋柿を焼酎などに漬けることで…

お皿が素敵だと気分が上がります

九谷焼には、伝統的な柄だけじゃなくて今ふうのものもあって、その中のひとつで一目惚れしたのがこれ。色使いもモチーフもかわいくてたまらん。 ピザトーストの下に隠れた部分には、鹿が描いてある。同じシリーズに白鳥バージョンもあり、そちらもたいそうか…

時の流れに、花も気持ちも追いついてない

10月も半ば、午後4時をまわった空が、もうなんともかんとも「秋だなあ」としか言いようのない感じ。風も冷たくなったし日が落ちるのは早いし、あれよあれよという間に時が経つ。 10月に入ってからあちこちで言われていて耳にするたびにびっくりする、「今年…

月とうさぎと風景印と、月見まんじゅう

昨日2017年10月4日は中秋の名月であった。夜空に月がたいそう明るくて、そのまわりの空が、ぼわっと白く見えた。(自分の目が疲れてかすれていたから、ではないと信じたい) というわけで、さいきん郵頼した月の風景印を。その名も「月見山」、月だけでなく…

秋だから、ノンストップさつまいも

ある日出先でどうしてもお腹がすき、コンビニでさつまいもの蒸しパンを買った。さて食べようというところで、カバンの中にお菓子を入れてあったことを思い出す。 梨恵夢(りえむ)というお菓子の、さつまいも味であった。 ときは9月下旬、さつまいもの時期で…

春雨はやきそばではないという当然のことを再確認

私はペヤングファンであるので、新商品が出れば(辛いもの以外は)とりあえず一度は購入することにしている。どの味もだいたい、「うーむなるほど、悪くない(あるいはとても良い)、でもやっぱり基本のソースやきそばこそが至高」となる。むしろ、そのこと…

秋だけど、ベランダ菜園は夏全開

9月も下旬にさしかかる今日だが、ベランダの朝顔はまだまだ花の盛り。スタートが遅かったぶんを取り戻すかのように、これでもか!って感じで花をつけている。 ゴーヤの実も、いくつかなった。が、もうちょっと大きくなるまで放っておこうとぶら下げっぱなし…

ゴーヤだって楽をしたいのよ

ベランダ栽培のゴーヤ、花は咲くのに実がつかない。……と思いながら見ていたら、いつのまにか小さな実ができていた。ぶかっこうな感じなのがまたかわいい。 細い茎にこんなイガイガした実をぶら下げて、しかもまだまだ大きくなるのに重くて大変なんじゃないだ…

ベランダにて、遅咲き朝顔とまだ見ぬゴーヤ

今年の夏は変な天候に悩まされている。梅雨どきには雨が少なくて、8月になったら妙に涼しい日と猛烈な暑さの繰り返し。 ベランダのプランターに朝顔とゴーヤを植えたのは6月のこと。7月も下旬になれば朝顔の花咲き乱れ、ゴーヤの実は取り放題かと思いきや、…

尻に敷かれて6年半。無印良品のざぶとんたち

無印良品のざぶとんを愛用している。毎日見慣れているからなんとも思っていなかったけれど、そういえばこれ、前に買ったのは6年半も前のこと。もうずいぶんへこたれているはずだ。 人は一体ざぶとんをどれくらいの期間で買い換えるのかの平均年数は知らない…

いつもと違うところはどこでしょうクイズ

お昼どきのドトールにて、隣に座ったカップル(たぶん大学生)の女子が、「ねえ、今日の私、いつもと違うんだけど気づかない?」と言った。 私はぴくっと反応し、そして緊張した。適当なことを言えば「ちがーう、ちゃんと見て!」とすねられ、正直に「わから…

ぬりえより、色鉛筆の面積の方が大きいよ

私の妹はぬりえにはまっているのだが、年末に実家に帰ったら彼女の色鉛筆コレクションがパワーアップしていた。ひとめ見て、「嘘でしょう?」と思った。 150色か、いや、それ以上だろうか。一枚のぬりえを塗るのに、こんなにもたくさんの色を使い分けるの? …

魚介のイラストを描きたくなる衝動

部署の後輩から私宛てのメモに、カキのイラスト。 こちらはクライアントから郵送されてきた資料のメモ。 涙を流す魚……これは、闇を感じる!