旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。




偏愛グルメ-甘いもの

アナログな穴場図書館と、穴の空いたお得なおやつ

2019年春にオープンした野々市の複合施設、カミーノによく行っている。お目当ては図書コーナーなのだけど、ここが超穴場。スペースも本棚も小さいけれど、行くたびに新刊や話題作が続々と並んでいる。芥川賞・直木賞候補作とか、本屋大賞関連とか、新聞で紹…

夏のおはぎ「夜舟」を食べる。桃あんと、ブルーベリーあん

おはぎやぼたもちと呼ばれるあの和菓子を、夏は「夜舟」と呼ぶそうだ。先日ニュースで取り上げられていて初めて知った。石川県では、地元の農家と和菓子店がコラボした農菓プロジェクトという団体が、夜舟を夏の風物詩にすべく活動しているらしい。具体的に…

似ている二人、なかしましほさんとムラヨシマサユキさんのお菓子談義

NHKきょうの料理で、二人の料理家が手紙をやりとりしながら自慢の1品を紹介しあう「往復書簡」という企画があったので見た。初回(7/9)は、なかしましほさんとムラヨシマサユキさん、どちらも焼き菓子界の有名人。特にムラヨシマサユキさんは一年ほど前から…

金沢、老舗和菓子「村上」のカフェにて抹茶レモンあんみつを。

友人と、金沢にある【菓ふぇMURAKAMI】へ。老舗和菓子店「村上」が運営するお店で、モダンで洗練された雰囲気のカフェ。別の店でランチを食べたあと、13時頃に行ったら満席だった。案内を待つ間に、売り場の和菓子(買って帰れる)を眺めたり、椅子に座って…

氷室の日に、氷室饅頭を食べてお祈り

7月1日は「氷室の日」。金沢では無病息災を願って氷室万頭を食べる風習があり、この時期はどこの和菓子屋さんにもスーパーにも、大々的に氷室饅頭が並ぶ。 我が家でも食べた。去年と同じ、押野松月堂というお店のもの。いろんな色があるけれど味はぜんぶ同じ…

自由学園のクッキー缶と、自分のスタイルを持っている友人

友人Mさんから届いた贈り物、自由学園食事研究グループのクッキー缶。イラストも模様も一切ない真っ白な缶のふたを開けるとクッキーが整然とおさめられており、その美しさにうっとり。食べる楽しみを思ってわくわくする気持ちがとまらないのであった。これを…

チロルだけどシロノワール。「チロルご当地めぐり」がおいしい

みんな知ってるチロルチョコから「チロルご当地めぐり」というシリーズが出ていたので買ってみた。すごく良い! 販売されているのは全4種類(2019年4月時点)。 ・岩手県 かもめの玉子 ・愛知県 シロノワール by コメダ珈琲店 ・広島県 もみじ饅頭 ・佐賀県 …

部屋を整え、和菓子を食べるこどもの日

5月5日、こどもの日。柏餅を求めて和菓子店【柴舟小出】に行く。味噌あんとこしあんを1つずつ。ちまきを2本。焼印がかわいい期間限定のおまんじゅうも買った。こいのぼりと兜。食べるのがもったいない~。 今日は朝からよく晴れた一日だった。連休中にやろう…

【サン・ニコラ】のケーキ、【土九】のたい焼き、結果的プレーン食パン

義母の誕生日祝いということで、野々市にあるケーキ店「サン・ニコラ」へケーキを買いに行く。この店はチョコ系のケーキが多め&美味。大人4人のために4つのケーキを選んだ。選ぶのは私の役目、ショーケースの前で各人の顔と嗜好を思い浮かべながら吟味する…

桜散歩とタピオカドリンク、土曜恒例のたい焼きも。

桜を見たくて、近場の川べりをぶらぶら。金沢の開花日は4月1日だったけれど、10日が経った今も木によっては見ごろが続いている。雪がちらついたりして気温の低い日が続いたものね。かつては福島の三春滝桜とか山梨の神代桜とか、銘木といわれる桜を見にあち…

たい焼き記録の呪縛。1日だけなら誤差ってことにしておこう

年始からずっと続いていた、毎週土曜に【土九】のたい焼きを食べるという習慣。先週の土曜日に、ついに途切れてしまった! 別に義務でも決まりでもない、気づいたらそういうケースが多かったっていうだけの話なんだけど、気づいたからにはできるだけ継続させ…

まるちゃんも将軍も私も、追分羊かんを愛してやまない

実家の母からもらった、静岡名物「追分羊かん」。羊かんと同じ清水出身の、ちびまる子ちゃんパッケージ! 松竹梅とか富士山も描かれていてかわいい。ちなみに、追分羊かん本店はさくらももこが通った小学校のすぐ近くにある。さくらももこも、徳川慶喜も、追…

暖かな春の一日、おやつにおはぎを食べながら。

本日3月20日、金沢の最高気温は16度。一日中晴れて、ここ数日ではうんと暖かい日になった。日の出も早くなってきて、午前6時ごろ、ふと目が覚めたときに感じる外の気配が明るくてうれしい。冬のさなかには「ああ、今日も暗くて寒い一日よ」っていう重い気持…

どうしても、土曜日はたい焼きの日

3日は開けずに更新していたブログ、ちょっと環境が変わったためにこの1週間は書けずにいた。 が、その間も途切れることなく続いていたのが、「毎週土曜にたい焼きを食べる」ってこと。 今年のあたまから、土曜のたびに市立図書館へ行く→近くのたい焼き屋さん…

セブンイレブンの生チョコアイスを食べた結果、パルムが恋しくなった

セブンイレブンの生チョコアイスが美味しいという評判を聞いた。生チョコもアイスクリームも好きな私としては「さぞや濃厚でほろ苦くて美味しかろう」と期待大。生チョコとアイスをどうやって一体化させているのかは深く考えずに店頭へ。 パッケージを見て、…

おやつにおすすめ。静岡産の干しいも(いも切り干し)に夢中

静岡に住む妹から干しいもが送られてきた。その前にメールで「干しいも好きだよね? 平、角、丸のどれがいい?」と聞かれ、干しいもは大好きだけれど、平とか角とかいう種類があるとは知らなかったし違いもわからないので妹のおまかせで。 静岡県御前崎市は…

福井では、水ようかんは冬に食べるもの

最近知ったのだけれど、お隣の福井県では冬に水ようかんを食べる習慣があるそうだ。習慣というか、「水ようかん=冬のもの」という図式が根付いているらしい。あのつるんとした食感と冷たい口当たりは完全に夏のものって気がするけれど。そのむかし冷蔵技術…

クリスマスのシュトーレンが、クリスマスまでもたない予感

ナッツやドライフルーツをどっさり入れたドイツ発の焼き菓子シュトーレン。日が経つにつれ味がよくなるので、その変化を楽しみつつクリスマス前の数週間をかけて少しずつ食べるもの、ということになっている。実家では母が毎年焼いており、家族みんながシュ…

【オフク】のケーキと、直木賞候補の発表(森見さん推し)

年明けに選考される直木賞候補5作品が発表された。そのうちの1つが、今読んでいる森見さんの『熱帯』。読み始めたときには想像もつかなかった広がりと構成を見せながら残りはあと50ページほど、このあとどうやって物語が収束するのか、まだまだドキドキしな…

念願かなってひとまずモンブラン補給(コンビニのだけど)

モンブランが食べたくてケーキ屋さんをめぐったけれどどこも売り切れだった、という話を先日のブログに書いた(こちらです)。その後もモンブラン欲求がおさまらず、いちばん手軽かつ大きなハズレのない方法としてコンビニへ。セブンイレブンにて無事にモン…

モンブラン探しは空振りだけど、金沢市【ロンシャン】のケーキがおいしかった

秋の楽しみといえば、なんといっても栗! そしてモンブラン! 日曜日の午後、モンブランを求めてケーキ店に向かったのだが、お目当ての「かぶと」は私が定休日を勘違いしていてやっておらず、次に行った「HOSOYA」は閉店3時間前にしてケーキ全品完売という人…

私がこの世で最高においしいと思っているようかん、静岡の「追分羊かん」

あらゆるようかんの中で、私がこの世でいちばんおいしいんじゃないかと思っているのがこちら、追分(おいわけ)羊かん。静岡市清水区の銘菓で、店は江戸時代から続く老舗。特徴はなんといってもその食感で、非常にむっちりもちもちしているのに(そのむっち…

スペシャルな切手とアルフォートが当たる、アルフォート15周年キャンペーン

アルフォート15周年ということで、記念切手が当たるプレゼントキャンペーンをやっている(2018年10月末まで)。箱についてるマークを送って応募。この記念切手というのが、アルフォートのチョコレートとかパッケージを描いた切手でかわいいのです。切手だけ…

1ヶ月限定、超高級ぶどう「ルビーロマン」のパフェを食べに行く

石川県生まれの超高級ぶどう、ルビーロマン。2018年7月の初競りでは1房110万円の値段がついたそうだ。1粒換算で3万2千円。ぶどう1粒で! さんまんにせんえんって!! そのルビーロマンのパフェを食べに行った。金沢駅そばのANAホテルにて。去年は行こうとし…

桔梗信玄餅のきな粉を、飛ばさず無駄なく食べる方法を発見しました

桔梗信玄餅。小さな容器の中に餅が入っていて、それを覆い尽くすようにどっさりときな粉がかかったお菓子。餅に対するきな粉の量が多すぎて、きな粉だけが残りがち。食べてる間も、ちょっとした隙にきな粉が飛び散りがち。 が、今朝、ヨーグルトの上にハチミ…

ケーキには、量も質も品数も重要

今年のクリスマスケーキは、コージーコーナーの生ケーキ詰め合わせ。8種類を2人で分けるからひとり4種類、幸せすぎる。どれにしようかどの順番で食べようか、わくわくニヤニヤしながらの駆け引きに心が踊るわ。 23日のおやつに2つ食べたから残りは6つ。冷凍…

信玄餅で、きなこをひとつも飛ばさない人なんているのかしら

山梨銘菓、桔梗信玄餅。おいしいよね!たっぷりのきなこに埋もれたお餅をほじくり、黒みつをからめて食べるあのお菓子。どんなに上手に食べようとしても、自分の息で少なからずきなこを吹き飛ばしてテーブルを汚してしまう、あのお菓子。 こないだ、久々に食…

マラコフトルテ(早口言葉ではなくケーキの名前)

生まれて初めて食べたケーキ、その名は「マラコフトルテ」。静岡市の笠井珈琲店にて。 メニューの紙に「ラム酒に浸したビスキュイと生クリームをうんぬん」と説明が書かれており、ラム酒に生クリーム、これは好きに決まっておろう!と思って注文。果たして、…

あんまきの夜、向く方角はお好みで。

仕事帰りに友人と待ち合わせて飲みに行った2月3日の夜、「さっき豊橋から戻って来たところ」と言いながら彼女が取り出したるは、豊橋名物のあんまき! うぉーい、大好き! 一度も食べたことのない抹茶味のあんまきをいただいた。すこぶる嬉しい。ふと気づく…

一口サイズはもうイヤ、大きな口で味わいたい!

最近食べた、おいしいもの。 そんなに昔のことではないのに、今の私には遠い夢の出来事のよう。 (今現在、物理的に、おいしいものを食べられぬ事態になっているから。) 鼎泰豊(ディンタイフォン)の小龍包@東京八重洲店 スープたっぷりでちゅるんとした…