旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



偏愛グルメ-甘いもの

1ヶ月限定、超高級ぶどう「ルビーロマン」のパフェを食べに行く

石川県生まれの超高級ぶどう、ルビーロマン。2018年7月の初競りでは1房110万円の値段がついたそうだ。1粒換算で3万2千円。ぶどう1粒で! さんまんにせんえんって!! そのルビーロマンのパフェを食べに行った。金沢駅そばのANAホテルにて。去年は行こうとし…

桔梗信玄餅のきな粉を、飛ばさず無駄なく食べる方法を発見しました

桔梗信玄餅。小さな容器の中に餅が入っていて、それを覆い尽くすようにどっさりときな粉がかかったお菓子。餅に対するきな粉の量が多すぎて、きな粉だけが残りがち。食べてる間も、ちょっとした隙にきな粉が飛び散りがち。 が、今朝、ヨーグルトの上にハチミ…

ケーキには、量も質も品数も重要

今年のクリスマスケーキは、コージーコーナーの生ケーキ詰め合わせ。8種類を2人で分けるからひとり4種類、幸せすぎる。どれにしようかどの順番で食べようか、わくわくニヤニヤしながらの駆け引きに心が踊るわ。 23日のおやつに2つ食べたから残りは6つ。冷凍…

信玄餅で、きなこをひとつも飛ばさない人なんているのかしら

山梨銘菓、桔梗信玄餅。おいしいよね!たっぷりのきなこに埋もれたお餅をほじくり、黒みつをからめて食べるあのお菓子。どんなに上手に食べようとしても、自分の息で少なからずきなこを吹き飛ばしてテーブルを汚してしまう、あのお菓子。 こないだ、久々に食…

マラコフトルテ(早口言葉ではなくケーキの名前)

生まれて初めて食べたケーキ、その名は「マラコフトルテ」。静岡市の笠井珈琲店にて。 メニューの紙に「ラム酒に浸したビスキュイと生クリームをうんぬん」と説明が書かれており、ラム酒に生クリーム、これは好きに決まっておろう!と思って注文。果たして、…

あんまきの夜、向く方角はお好みで。

仕事帰りに友人と待ち合わせて飲みに行った2月3日の夜、「さっき豊橋から戻って来たところ」と言いながら彼女が取り出したるは、豊橋名物のあんまき! うぉーい、大好き! 一度も食べたことのない抹茶味のあんまきをいただいた。すこぶる嬉しい。ふと気づく…

一口サイズはもうイヤ、大きな口で味わいたい!

最近食べた、おいしいもの。 そんなに昔のことではないのに、今の私には遠い夢の出来事のよう。 (今現在、物理的に、おいしいものを食べられぬ事態になっているから。) 鼎泰豊(ディンタイフォン)の小龍包@東京八重洲店 スープたっぷりでちゅるんとした…

チョコ+あんこ+ごぼう=ごぼうのカントリーマァム

ときどき変な攻め方を見せる「カントリーマァム」、最新作は、ごぼう味。 ごぼう……。 コンビニで見かけるたびに興味をひかれつつ、これまでに3回くらい購入を見送った。が、ついに今日買ってしまった。だってねえ、マァムとごぼうがどうやって結びつくのか確…

二回目のステラおばさん詰め放題、挑戦レポート

ステラおばさんのクッキー詰め放題は異常に盛り上がって体が震えて気がおかしくなりそうだけど楽しいのだという記事を読んだ友人から、「私もやってみたい、震えたい、元を取れなくてもいいから詰めたい、一緒に行って」との連絡がきた。 元を取れなくてもい…

群林堂! 革命的豆大福に打ちのめされる夜

豆大福の存在感って自分の中では大きくなくて、むしろ普段は忘れているもの。 あれは去年の暮れのこと、とある友人が「東京にたいそう美味しい豆大福の店があるそうだよ、名前は群林堂」という話をしてくれた。そうか豆大福か。豆大福ね。すぐに行きたい!と…

ジャムに夢中で、そういえば白ごはんを食べていない今日この頃

知人より、「庭でたくさん採れたから」とレモンをもらった。無農薬の国産レモン。皮を活用しない手はないのでマーマレードを作った。細切りにした皮を熱湯で茹でこぼすこと3回、ひとふさずつ中身を出した実と一緒にコトコト煮る。ブラムリーに栗にぽんかんに…

青空に小室桜は満開、抹茶のチロルチョコが美味

静岡市駿府城公園では、ソメイヨシノより早咲きの品種「伊東小室桜」が見ごろ。この水色の空、明るいピンクの花。ああ春なのだなあということに、無条件で嬉しい気持ちになってしまう。いったい春の何が嬉しいのだろうかと考える冷静さも何もなくしてしまう…

私を興奮させる魔性のおばさん、汝の名はステラ

マスキングテープとか塗り絵とか、いつも未知かつ深淵なる世界を私に見せてくれる妹が、クッキー専門店の「ステラおばさん」で月に何度かクッキー詰め放題をやっているよと興奮気味に教えてきた。 店にあるビニール袋に好きなクッキーを好きなだけ詰めて880…

甘くて可愛い、金沢みやげ3つ

1月初めに金沢に行ったとき(https://tokotoko.hatenablog.jp/entry/2016/01/15/200000)に買ったもの、のうちのいくつか。 右上/「茶菓工房たろう」のようかん。白カカオ味。 ようかんでカカオってどういうこと!?と思うが、食べると納得、その名のとおり…

ハーゲンダッツ華もちとの再会、そして感想

今年2月に新発売のち、大人気で生産が追いつかず、わずか二日で販売休止になったハーゲンダッツのお餅入りアイスクリーム「華もち」シリーズ。当時買えなかった無念を胸に10か月間を耐え抜き、今か今かと販売再開の報を待っていたら12月8日に再販決定。手帳…

誰も見たことのない朝ごはん、栗の三種盛りでございます

栗の三種盛り。栗の渋皮煮とブランデー漬けマロンの上に栗ペーストをあしらいました。秋の香りを多彩に感じられる贅沢な一品です。 これが今日の朝ごはん。ほかに、食パンを焼いたのに栗ジャムをのせたものも食べた。どうかしている。 栗が好きすぎて短期間…

カントリーマァムだけは別格だから

今年に入って「お菓子を買わない」の誓いを立て、そしてここ数週間は「できるだけ糖質を控える」という目標すら掲げ、人は一体、理性によってどこまで欲望を抑えられるのかいなと実証しつつ(そしてほとんど失敗に終わりつつ)過ごしてきたわけなのであるが…

静岡市「ル テニエ」のケーキが震える美味しさ

ここ数年間に食べた中で圧倒的絶対的に美味しすぎるケーキに出会ってしまった。静岡市にある「パティスリー ル テニエ」。ピエールエルメでシェフパティシエを務めていた方が1年ほど前に開いたお店で、美味しいという噂は聞いていたのだが……。 もうね、一口…

ケーキのおまけが安くて美味しくて、本体を上回りそう

サバランが好きな私であるが、どこかに美味しい店はないものかと常日頃から探している割に近くにあるお店を見逃していた。徒歩圏内にあるケーキ屋さん、その名は「三河屋洋菓子店」。なぜだろう、三河屋という響きだけで、まるで和菓子屋さんのような老舗感…

かき氷の「ひみつ堂」にて、ひみつのいちごみるく再び

二度目となる、東京・谷中(やなか)の大人気かき氷店「ひみつ堂」へ行ってきた。 ここのかき氷を初めて食べたのはちょうど一年前のこと。これまでに経験したことのないあまりにもふわふわとした氷の口当たりと、圧倒的果実感に満ちたシロップの美味しさに「…

クロワッサンのドーナツのドーワッツ

クロワッサン生地をドーナツ型にして揚げたお菓子、「クロナッツ」が人気であるらしい。雑誌やらネットの口コミやらでよく目にする。その多くが、「ニューヨーカーに大人気!」という触れこみである。ニューヨーカーのことは知らんが、近くのミスタードーナ…

サバランを求めていたら、すぐそばにあった

一ヶ月くらい前に急にサバランを食べたくなった。サバランとは、洋酒漬けのスポンジやブリオッシュ生地に生クリームやフルーツを飾った洋菓子である。 知名度が低いのか人気がないのかなかなか売っている店がなく、満たされぬサバラン熱を持て余して悶々とし…

東京・谷中、ひみつ堂のかき氷

伊香保温泉で一泊(伊香保温泉と水沢うどん - 旅と日常のあいだ)したあと東京に戻ってきて、次に向かったのは下町、谷中(やなか)。行列ができるほど人気のかき氷専門店があるということで、「一度食べたらかき氷の革命が起こるよ」という友人のすすめによ…

市販の洋酒チョコレート5種、勝手に品評会

冬場のチョコレート売り場は、「冬季限定」も含めいろいろな商品が並んでいてときめく。一度食べて好きだったものは何度も続けて買ってしまうのだが、最近のローテーションは下記。見てのとおり、洋酒のきいたアルコール分高めのチョコレートが大好きすぎる…

東京ソラマチ、100%チョコレートカフェ

東京スカイツリーの続き(展望台の話はこちら)。 おやつの時間なので、スカイツリーの真正面にあるカフェ、「100%ChocolateCafe.」へ。明治がやっている、その名のとおりチョコレート専門のカフェである。チョコレートのテイクアウトもできるし、チョコレ…

ラデュレとピエール・エルメのマカロン食べ比べ

大阪駅に行ったので、「ふだん買えないものを買おう」とマカロンの有名店をはしご。三越伊勢丹にラデュレとピエール・エルメが入っていて、マカロンを3つずつ買った。どちらも静岡ではお目にかかれませんのでね。マカロンときたら、ちっちゃいくせにひとつ30…