旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



偏愛グルメ

JOHNかりおすとろで、今だけの桃とプリンのパフェ

野々市にある、パフェが有名なカフェレストラン「JOHNかりおすとろ」。洋食メニューもたくさんあるが、パフェメニューもそれに負けないくらい種類がある。どれも見た目が派手だったりネーミングが独特だったり、ちょっと個性的で気になるパフェばかり。ラン…

桔梗信玄餅のきな粉を、飛ばさず無駄なく食べる方法を発見しました

桔梗信玄餅。小さな容器の中に餅が入っていて、それを覆い尽くすようにどっさりときな粉がかかったお菓子。餅に対するきな粉の量が多すぎて、きな粉だけが残りがち。食べてる間も、ちょっとした隙にきな粉が飛び散りがち。 が、今朝、ヨーグルトの上にハチミ…

7月1日には、氷室饅頭を食べるべし

金沢周辺では、7月1日に健康や長寿を願いながら「氷室饅頭」を食べる。このあたりでは欠かせない恒例行事で、職場でも「もう氷室饅頭は予約した?」「いつもどこで買ってるの」などの会話がある。 氷室饅頭じたいは珍しいお菓子ではなくて、こしあん入りの、…

安くておいしいサンドイッチ専門店、ニュージョイスかもの

野々市にあるサンドイッチ専門店、「ニュージョイスかもの」に行ってきた。もう40年以上やってる老舗だそうだ。サンドイッチの種類が多くて、ボリュームたっぷりで、しかも安いという評判。これは行かねば。 オープンは午前7時、私が店に行ったのは午前9時過…

台湾で買った魯肉飯の缶詰で、涼麺ふうの冷やし中華

台湾に行ったとき、家に帰ってからも台湾グルメを楽しめるようスーパーで魯肉飯(ルーローハン)の缶詰を買った。ルーローハンの缶詰というか、ルーロー(?)部分というべきか。ともかく、スパイスが効いた甘辛味の豚肉そぼろ。 アツアツごはんに乗せるのが…

しらすは静岡産に限ります。どっさり釜揚げしらすごはん

静岡県吉田町といえば、しらすの産地。春にしらす漁が解禁され、だんだん身が太くなってくるこの時期のしらすはとにかくおいしい。そのタイミングで、吉田に住む知り合いが釜揚げしらすを送ってくれた。しらすに関しては、どこのものより静岡県産がおいしい…

野々市のパン屋さん、シェンブランのカヌレ

野々市にあるパン屋さん、シェンブランのカヌレ。表面はガッチリ固め、特に底面はしっかり焼かれた生地が歯につくくらいで、ガチッと堅牢な食感が好きな私にとっては「これこれ!」という好みのタイプだ。焦がしカラメルのような香りもまたよし。 内側は、そ…

金沢市安江町のパン屋さん、ワタナベヤ!の蒸しパン

尾山神社近くから移転してきた一軒家のベーカリー「ワタナベヤ!」。何度か行ったことがあるという友人に連れて行ってもらった。店は引き戸式の古い家屋で、壁面で一番目立っているのは、「フジカラー」の看板。以前入っていた写真店のものをそのままにして…

金沢のパン屋さん、ひらみぱんのカヌレ

金沢市の「せせらぎ通り」と呼ばれる場所にあるビストロ、ひらみぱん。近くを通りかかったとき、そういえばパンの持ち帰りができるのだったということを思い出して寄ってみた。 そうしたらなんと、カヌレがあった。不意打ち!カヌレ!大好きだ!思いがけず出…

バナナ嫌いによるバナナケーキづくりの結果

生のバナナが好きじゃない。のに、一週間前からうちにバナナが一房ある(もらいもの)。冷蔵庫に入れて長持ちさせているものの、いくら延命させたところでバナナを食べたい瞬間が来るとは思えないのだった。このまま熟れていくばかりのバナナをどうしたもの…

九谷焼にはホットケーキも似合います

最近手に入れた九谷焼の皿。初めに何をのせようかなあ、やはり和食だろうかと思いながら、ホットケーキでデビューを飾ることになった。たっぷりの抹茶入り。このお皿はB級品(小さなひびがある、色がまだら、廃盤デザインなど)を割安で放出するイベントで購…

ケーキには、量も質も品数も重要

今年のクリスマスケーキは、コージーコーナーの生ケーキ詰め合わせ。8種類を2人で分けるからひとり4種類、幸せすぎる。どれにしようかどの順番で食べようか、わくわくニヤニヤしながらの駆け引きに心が踊るわ。 23日のおやつに2つ食べたから残りは6つ。冷凍…

春雨はやきそばではないという当然のことを再確認

私はペヤングファンであるので、新商品が出れば(辛いもの以外は)とりあえず一度は購入することにしている。どの味もだいたい、「うーむなるほど、悪くない(あるいはとても良い)、でもやっぱり基本のソースやきそばこそが至高」となる。むしろ、そのこと…

信玄餅で、きなこをひとつも飛ばさない人なんているのかしら

山梨銘菓、桔梗信玄餅。おいしいよね!たっぷりのきなこに埋もれたお餅をほじくり、黒みつをからめて食べるあのお菓子。どんなに上手に食べようとしても、自分の息で少なからずきなこを吹き飛ばしてテーブルを汚してしまう、あのお菓子。 こないだ、久々に食…

マラコフトルテ(早口言葉ではなくケーキの名前)

生まれて初めて食べたケーキ、その名は「マラコフトルテ」。静岡市の笠井珈琲店にて。 メニューの紙に「ラム酒に浸したビスキュイと生クリームをうんぬん」と説明が書かれており、ラム酒に生クリーム、これは好きに決まっておろう!と思って注文。果たして、…

ぺヤング納豆の実食報告

大好きぺヤングの最新作、「ぺヤングやきそば プラス納豆」。パクチー味、チョコレート味は見送ってきたが、納豆は迷わず購入した。どんな格好で納豆が入っているのか、どんな食感、どんな味なのか興味ある。 いつものかやく(キャベツ、肉)、いつものソー…

ふわふわの肉まんをホットサンドにすると、こうなります

ホットサンドメーカーを買ったという話をしたら、「ぜひ肉まんを焼いてみるべし」との提案を受けた。肉まん! 肉まんって、ふわふわ・ふかふか・ふっくらが持ち味なんじゃないのか。それをわざわざプレス&ぺちゃんこにするなんて。肉まんのアイデンティティ…

ホットサンドの具の組み合わせのことばかり考えている

最近のいい買い物、バウルーのホットサンドメーカー。 前に登山雑誌で見つけて(山ごはんの道具として)、ホットサンドイッチを山で作ったらおいしいだろうなあとずっと思っていて、しかし急ぎで必要なものでもなく店頭で見かける機会もなく、心の中の「いつ…

あんまきの夜、向く方角はお好みで。

仕事帰りに友人と待ち合わせて飲みに行った2月3日の夜、「さっき豊橋から戻って来たところ」と言いながら彼女が取り出したるは、豊橋名物のあんまき! うぉーい、大好き! 一度も食べたことのない抹茶味のあんまきをいただいた。すこぶる嬉しい。ふと気づく…

何より三つ葉を食べまくっている師走

今月いちばん多く食べた野菜は何かといえば、頻度も量もたぶんこれが最多賞。 三つ葉である。 三つ葉てんこもりサラダ。(下に潜むはオイルサーディン) 香りづけとかいろどりを超越した主役の扱い。なんだか知らんがスーパーの野菜売り場で無性に食べたくな…

東京笹塚、オパンのカヌレ

いただきもののカヌレがめちゃくちゃ美味しい。美味しすぎて涙ぐみそうな深夜0時。カヌレが大好きな私のために、仕事でお世話になっている方が「お気に入りのパン屋さんのものです」と買ってきてくれたのだ。 表面をさわるとガッチリ固い。上部をたたくとコ…

朝食のホットケーキにロミユニのジャム

ある日の朝ごはん。ホットケーキとジャムいっぱい! ジャムは、鎌倉にあるロミユニのもの。素材の組み合わせ方や名付けが凝っていてかわいい。洋梨+マロングラッセとか、りんごのお酒+練乳とか。一瓶に80g入りで700円くらいする。めちゃくちゃ高い。しか…

わかめまみれのぺヤングは、私には合わない味だった

コンビニに行くとつい見てしまうのは、「ぺヤングの新商品が出ていないかどうか」ってこと。どうにもこうにも、ぺヤングソースやきそばが好きでして。で、つい先日、目を奪われたのがこれ、「わかめMAX」。 わかめMAX。マーックス!このパッケージの気…

一口サイズはもうイヤ、大きな口で味わいたい!

最近食べた、おいしいもの。 そんなに昔のことではないのに、今の私には遠い夢の出来事のよう。 (今現在、物理的に、おいしいものを食べられぬ事態になっているから。) 鼎泰豊(ディンタイフォン)の小龍包@東京八重洲店 スープたっぷりでちゅるんとした…

チョコ+あんこ+ごぼう=ごぼうのカントリーマァム

ときどき変な攻め方を見せる「カントリーマァム」、最新作は、ごぼう味。 ごぼう……。 コンビニで見かけるたびに興味をひかれつつ、これまでに3回くらい購入を見送った。が、ついに今日買ってしまった。だってねえ、マァムとごぼうがどうやって結びつくのか確…

これは理想のカヌレ、藤枝市「ボクゥボクゥ」

藤枝市のパティスリー、「beaucoup beaucoup」に初訪問。店名が難しい。ボクゥボクゥ。 友人宅への手みやげのケーキを買いに行ったところ、思いがけずカヌレを発見。「カヌレを見たらともかく買え」を基本方針としているのでひとつ買った。クロワッサンも。 …

値段とうまさは比例するか?プレミアムうまい棒の頂上決戦

実施したのはもう半年前のことだけれど、「うまい棒食べ比べランキング・プレミアム編」の結果を記録しておく。(部屋を片付けていて記録ノートを発見したため)プレミアムうまい棒は1本20円。通常の2倍もする超高額な贅沢棒である。パッケージもキラキラ。…

二回目のステラおばさん詰め放題、挑戦レポート

ステラおばさんのクッキー詰め放題は異常に盛り上がって体が震えて気がおかしくなりそうだけど楽しいのだという記事を読んだ友人から、「私もやってみたい、震えたい、元を取れなくてもいいから詰めたい、一緒に行って」との連絡がきた。 元を取れなくてもい…

群林堂! 革命的豆大福に打ちのめされる夜

豆大福の存在感って自分の中では大きくなくて、むしろ普段は忘れているもの。 あれは去年の暮れのこと、とある友人が「東京にたいそう美味しい豆大福の店があるそうだよ、名前は群林堂」という話をしてくれた。そうか豆大福か。豆大福ね。すぐに行きたい!と…

ジャムに夢中で、そういえば白ごはんを食べていない今日この頃

知人より、「庭でたくさん採れたから」とレモンをもらった。無農薬の国産レモン。皮を活用しない手はないのでマーマレードを作った。細切りにした皮を熱湯で茹でこぼすこと3回、ひとふさずつ中身を出した実と一緒にコトコト煮る。ブラムリーに栗にぽんかんに…