旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



JOHNかりおすとろで、今だけの桃とプリンのパフェ

野々市にある、パフェが有名なカフェレストラン「JOHNかりおすとろ」。洋食メニューもたくさんあるが、パフェメニューもそれに負けないくらい種類がある。どれも見た目が派手だったりネーミングが独特だったり、ちょっと個性的で気になるパフェばかり。ラン…

南極へ11 クルーズ2日目。やまない揺れと、船内での過ごし方

昨日の夕方に出港した船は、南極半島に向けてドレーク海峡を横断中。夜の間もずっと揺れていたようだけど睡眠をさまたげるほどではなかった。乗船時の前回記事はこちら(南極へ10 探検船の初日。客室の様子と、魔のドレーク海峡への備え) 朝7時、超おもしろ…

花火の季節到来。風景印で全国の花火大会めぐり

北陸でも梅雨が明け、気づけば7月も半ばにさしかかるところ。そろそろ花火大会が始まる時期だなー。それはつまり、風景印も花火関連のものを集めたくなる時期ということだ(全国の同志たちが力強くうなずいているのが伝わってきます)。 昨年2017年のかもめ…

南極へ10 探検船の初日。客室の様子と、魔のドレーク海峡への備え

ウシュアイアの現地時刻で2月20日16:45ごろ。いよいよ南極行きの船に乗る。前回の記事はこちら(南極へ09 ウシュアイアの街歩き、世界の果ての博物館とか顔ハメとか)。 客室に入るとスーツケースが届いていた。テーブルには結婚祝いのメッセージカードとワ…

南極へ09 ウシュアイアの街歩き、世界の果ての博物館とか顔ハメとか

ブエノスアイレスを出発し、南極行きクルーズ船の乗船地であるウシュアイアに到着。ここまでの記事はこちら(南極へ08 パタゴニアの山々を見下ろし、世界最南端の街・ウシュアイアへ)。 ウシュアイア空港は木組みの三角屋根で山小屋みたいな雰囲気だった。…

桔梗信玄餅のきな粉を、飛ばさず無駄なく食べる方法を発見しました

桔梗信玄餅。小さな容器の中に餅が入っていて、それを覆い尽くすようにどっさりときな粉がかかったお菓子。餅に対するきな粉の量が多すぎて、きな粉だけが残りがち。食べてる間も、ちょっとした隙にきな粉が飛び散りがち。 が、今朝、ヨーグルトの上にハチミ…

南極へ08 パタゴニアの山々を見下ろし、世界最南端の街・ウシュアイアへ

南極旅行記、前回の記事はこちら(南極へ07 地下鉄SUBTEと、世界で二番目に美しい書店エル・アテネオ)。 私たちのツアーは、ブエノスアイレスでの1泊と、ウシュアイアまでの往復航空券、そこからクルーズ船に乗りこんで以降のすべてが含まれたプラン。2月1…

南極へ07 地下鉄SUBTEと、世界で二番目に美しい書店エル・アテネオ

南極旅行記と言いつつ、南極にたどりつくまでのアルゼンチンの記録。前回の記事はこちら(南極へ06 マデロ・タンゴで、ショーとディナーと深夜の屋外練習)。 ブエノスアイレスで一泊した翌朝、朝食はルームサービスをとった。ワゴンの上には種類いろいろの…

7月1日には、氷室饅頭を食べるべし

金沢周辺では、7月1日に健康や長寿を願いながら「氷室饅頭」を食べる。このあたりでは欠かせない恒例行事で、職場でも「もう氷室饅頭は予約した?」「いつもどこで買ってるの」などの会話がある。 氷室饅頭じたいは珍しいお菓子ではなくて、こしあん入りの、…

我が家のちょっとしたSNS映えスポット

ベランダの朝顔が伸びてきて、部屋の障子越しに影が映っている。葉っぱがハートの形。こういうの好きでしょ? 京都かどこかでハートの窓のお寺が人気だよね? 一日のなかでも、朝の限られた数十分しか見られない絶景にございます。 私としては、ハートでもな…